USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修士論文完成

IMG_3563_convert_20101218064201.jpg

ついに念願の修士論文が完成しました。この3日間はなかなか筆が進まず焦りましたが、なんとか締め切りギリギリで完成。終わってみれば本文122ページ+付録35ページの合計157ページ。予想してた以上にだいぶ長くなりました。今学期は、先生とのミーティングが途中何度かキャンセルになったり、なかなか先生からメールが返ってこなかったりでイライラするときもありましたが、最後の最後にはギッシリのフィードバックをくれて、フィードバック→書きなおし+書き足し→フィードバック→書きなおし+書き足しの繰り返しでした。

今思えば、一番大変だったのは11月下旬のサンクスギビングウィークだったかのように思います。あのときのSan Franciscoはこの2年半の留学生活で一番寒く、最低気温も零度近くになり、明け方5時まで寒さに耐えながら論文を書いてたのが懐かしいです。とにかくあの1週間で一気に書いたという感じです。先生もサンクスギビングウィークで学校が休みにもかかわらず、メールで原稿を送ると4時間くらいしてフィードバックを返してくれたし、感謝です。サンクスギビング後、12月8日には口頭試問を控えていましたが、その日の朝にガンで療養中だった大学院の先生が亡くなり、口頭試問は1週間後の15日に延期。最終締め切りは本日、17日の正午だったので焦りましたが、とにかく書き終わってホットしています。当初は今学期に書き終わらないことを考えて日本への帰国も2月中旬にしたくらいですから。

今日、修士論文の原稿を提出したにはしたんですが、今は論文提出のラッシュらしく、製本が出来上がるのはなんと1ヶ月もかかるとのこと。アメリカらしいなぁと思います。まぁとにかく、これにて2年半在籍していた大学院も卒業になります。今学期は大学主催の卒業式はないんですが、無事、英語教授法の大学院修士号を今日ゲットできました。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 07:07:56|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0

卒業パーティー

昨日は、毎学期恒例の日本人卒業パーティーを大学院の後輩のみなさんに開いてもらいました。韓国料理レストランで、みんなで食べたり飲んだりカラオケしたり。日本人パーティーとはいえ、他の留学生やアメリカ人の友達も来てくれて、とても楽しい時間を過ごしました。今は試験やペーパーの提出直前の時期だというのに、来てくれたみなさん、どうもありがとう!!

パーティーの最後には、みんなのメッセージが入った色紙、花束、プレゼントをいただきました。今まで幹事をする側だったのでわからなかったんですが、色紙はいざもらってみると、とてもうれしい!2年半前に日本を去るときも友達から色紙をもらってうれしかったのを今思い出しました。形に残るもの、手作りのものというのは重みが感じられてとても良いものですね。1年後、5年後、10年後、いつかこの色紙を眺めて留学生活を振り返るときが来ることでしょう。そういえば、色紙を見て毎学期気づくことなんですが、日本人の友達はみんな字がうまくて丁寧。特に女の子。自分が先輩や先学期卒業した同期の友達に書いた寄せ書きの字は汚くて汚くてとても読めたものではなく、改めて反省させられました(笑)

アメリカを去るときまであと2カ月を切りました。ホントにあとちょっとだなぁ…。

IMG_3558_convert_20101213044226.jpg
  1. 2010/12/13(月) 05:18:43|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:2

卒業プレゼンテーション

これまで過去に4回、卒業発表会を見てきましたが、今学期はついに自分の番。昨日ついに終わりました。

朝の8時過ぎに学校に来て、割り当てられてた仕事を済ませ、10時から友達のプレゼンテーションがスタート。今学期の卒業発表会は卒業生の人数が少ないせいか、先学期に比べてとても小規模で、静かな感じで進行していきました。同期の日本人の友達2人の素晴らしいプレゼンにも行き自信をもらい、最後の卒業発表会を楽しみました。

自分のプレゼンテーションは昼ご飯の直後、1:30から2;00まで。修士論文の主査・副査の先生に加えてもう1人、先学期に引退した先生も含めて計3人の先生が来てくれて、プレゼンテーションの最後には鋭い質問が飛び交っていました。来てくれたみなさん、どうもありがとう!

すべてのプレゼンテーションが終わったあとはClosing Receptionがあり、ワインやシャンパン、ケーキが振る舞われ、先生方から卒業生1人1人にTESOLの学科のインフォーマルな卒業証書が手渡されました。その後はくじ引きの抽選会も行われ、みんなでだんらん。夕方からは場所を中国料理レストランに移して夕食会。先生方や卒業生の家族、友達などいろいろ招かれて、おいしい中国料理を楽しみました。

来週に修士論文の口頭試問があり、それをもとに手直しをして、17日までに修士論文を提出すればついに大学院も卒業です。
  1. 2010/12/05(日) 04:10:06|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:4

誕生日パーティー

昨日は大学院の友達に誕生日パーティーを開いてもらいました。

アメリカでは、自分の誕生日は基本的に自分で開くことになっています。自分の誕生日が近づけば、誕生日パーティーのお誘いをFacebook(アメリカ版のソーシャルネットワークサイト)で送り、場所と時間をあらかじめ知らせておいて、当日レストランでみんなで楽しくお祝いします。パーティーの規模は人にもよりますが、基本的に日本よりデカイ。日本は友達の中でも本当に仲良しの友達しか呼びませんが、アメリカでは結構な人が来ます。友達以外にも、友達の友達、友達のルームメイトなんかも参加することが多く、まったく知らない人がパーティーにいることだってあります。50人以上くることもしばしば。

おととしも去年も誕生日パーティーは開きませんでした。というのも、自分で自分の誕生日を開くというのは非常に面倒くさい。レストランを決めていろんな人に連絡して人数の管理して…っていうこのプロセスが非常に面倒。今年こそは最後の学期だし誕生日パーティーをやろう!と前々から決めていたのですが、修士論文や学会発表のことでいろいろと考えることが多く、他の友達も忙しそうだし、やっぱり開くのはやめようと思ってました。

ところが昨日、友達がひそかに僕の誕生日パーティーを計画してくれて、木曜日の夜という微妙な曜日にもかかわらず、16人の友達が参加してくれました。行きつけのタイ料理レストランでご飯を食べて、その後は近くのバーへ。とても楽しいひと時でした。他の友達も言ってましたが、誕生日パーティーっていうのは非常に恥ずかしい。こんなに大勢の人に自分の誕生日を祝ってもらう経験なんて今までにないし、恥ずかしい。はにかんでしまいます。でもなんだかんだでやっぱり嬉しいものですね。みんな勉強で忙しいだろうに、来てくれておめでとうと言ってくれただけで感謝です。中にはバースデープレゼントをくれた友達もいて、アメリカで迎える最後の誕生日は本当に思い出に残りました。企画してくれたみなさん、来てくれたみなさん、ありがとう。
  1. 2010/11/06(土) 14:30:55|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0

優勝パレード

今日は11:00からジャイアンツの優勝パレード。忙しかったけど、56年ぶりのワールドシリーズ優勝を一目だけ見ようと思ってダウンタウンまで行ってきました。電車は想像通りの大混雑。車内はジャイアンツのチームカラー、オレンジ色に染まってました。ジャイアンツのTシャツや帽子かぶった人ばっかり。スカーフやネクタイまでオレンジ色の人もいました。

優勝パレードのスタート地点の最寄駅に出るやいなや、もう歩くところもないほどの大混雑。とにかく人人人。バスや車で立ち往生してる人が気の毒でした。パレードを見に行ったというよりは人を見に行っただけでしたが、一応雰囲気だけは味わってすぐ帰ってきました。

IMG_3448_convert_20101104130710.jpg

IMG_3445_convert_20101104130535.jpg

IMG_3440_convert_20101104130614.jpg
  1. 2010/11/04(木) 13:12:19|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。