USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あと1週間

暑い暑い暑い…。しばらく和らいでた暑さがまた戻ってきました。でもそう言っている間に月日が経ち、留学最後の一時帰国も残すところあと1週間。

来週日曜日の夕方の便でSan Franciscoに戻ります。今回も使う飛行機はエアカナダ。行きはカナダのカルガリー経由でしたが、帰りはバンクーバー経由。乗り換え時間は2時間30分あるんで、これだけ時間があれば余裕でしょう。バンクーバーからはユナイテッド航空に乗り換えてSan Franciscoへ戻ります。

経由便は時間が余分にかかって面倒だけど、経由する空港を探検できるのも一つの楽しみだったりします。今回経由するバンクーバーは今から約8年前、人生で初めて海外に行った思い出の地です。すごくお洒落な造りの内装の空港で、アメリカ大陸独特の甘~い匂いがすごく印象的だったのを覚えています。残念ながらダウンタウンに行く時間はないんですが、バンクーバーの空港に再び降り立つだけでも楽しみです。

今回の一時帰国は就職活動と修士論文のデータ収集がメインでしたが、どちらも無事終わったのでホッとしてます。あらためて、アドバイスや励ましをくださったみなさん、いろいろ協力していただいたみなさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/15(日) 20:11:12|
  2. 一時帰国
  3. | コメント:6

就職活動

一時帰国してから私立の教員の就職活動をしてきましたが、ようやく終了しました。

幸運なことに、私立の中高一貫校から内定をいただくことができました。就職活動において、自分のように教員経験がない者にとって大事なのは

1.学歴
2.年齢
3.運と縁

この3つだと感じました。各学校の募集要領には「30歳程度まで」とか「35歳以下」というふうに年齢制限があるとこもあれば、「経験者優遇します」とか「現役の先生を優先します」とか経験者の方を採りたいことが書かれている場合もあるので、そこから即戦力として現役の先生を欲しいのか、それとも若い新人を育成したいのか見極める必要があると思います。

本当にこの2カ月の間で決まるのか不安でしたが、最終的に無事落ち着いたんでホッとしてます。こんなことを言っているうちにあと2週間程度でアメリカに帰国。まもなく最後の学期が始まろうとしてます。早いなぁ…。
  1. 2010/08/06(金) 11:16:35|
  2. 一時帰国
  3. | コメント:0

リサーチ終了

日本に帰って1カ月ちょっと経つんですが、東京は暑い日が続きますね~。少し外を歩くだけで汗がどんどん滴り落ちてきます。San Franciscoの天気予報をチェックしたところ、最高気温17度、最低気温12度…。こんなにも寒いとは…。適度な暑さで快適に過ごせるところに行きたいものです。

もうかなり前になりますが、今月の初めに映画を見てきました。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

20100417103834.jpg

4月に公開されたんですがアメリカにいるため見られず、ずっと楽しみにしてきた映画。公開終了間際に映画館に駆け込んで見ることができました。のだめと千秋の揺れ動く心情が見事に表現されていて、個人的には前半よりも楽しめました。

さてさて、日本に帰ってきてから何をしているかというと、主に修士論文のデータ収集と就職活動です。

就職活動は今週末で終了するんでまた別途書きますが、データ収集は昨日無事終了しました。大学時代にお世話になっていた先生にご協力をいただいて、僕が先生方のクラスに出向いて授業の30分くらいを使って学生のみなさんに英語のリーディングについてのアンケートに答えてもらいました。全8クラス・合計160人の学生のみなさん、ご協力ありがとうござました。さらに、その中から6人の方をピックアップしてそれぞれ約1時間のインタビューに参加してもらいました。インタビューはボイスレコーダーを使ってすべて録音しました。

IMG_3335_convert_20100725105139.jpg

データ収集は時間とお金が想像以上にかかったものの、すごく楽しかった。データ収集のプロセスそのものが楽しかっただけでなく、データ収集のついでに自分が学部生時代に受講していた授業を聴講させてもらって懐かしい気分になったり、インタビューのときには同じバックグラウンドを持ったり同じ夢を持つ方とお話できたりと、とても充実した1カ月でした。データ収集は終わったんで、そろそろ論文や本を本格的に読み始めなければなりません。暑くてなかなかモチベーションが上がりませんが…。
  1. 2010/07/25(日) 20:41:46|
  2. 一時帰国
  3. | コメント:0

一時帰国

今回の帰国は航空券の料金が高かったので、直行便ではなく経由便。

6月10日。朝4:30起き。今回はスーツケース2つに重量オーバーになるギリギリまで荷物を詰め込んでいたので、空港へは電車で行かず、相乗りのシャトルバスを予約しときました。家に迎えに来てくれて空港までは15ドル。朝の6時に来てくれるように予約しといたんですが、来たのは結局10分遅れの6:10。飛行機の時間に余裕があったので僕は気にしなかったんですが、僕の次に相乗りするおじさんは、乗る前から見るからに激怒しているご様子。話によると、なんと50分遅れだと言う。シャトルバス側も予算がないんでしょうかね。1人のドライバーに、同じ時間帯の客をみんな迎えに行かせたせいで、時間が大幅に遅れてしまったらしいです。空港に着く間、そのおじさんは激怒しっぱなしで、ドライバーもとうとう我慢できず、ブチ切れ。しまいには、「シャトルから降りろ!!」と怒鳴り散らしていました。空港に着いてからも気まずい空気で、シャトルバスを後にしました。

8:00に今まで乗ったことのないくらい小さな飛行機でSan Franciscoを離陸。トイレも屈まないと入れないくらい小さな飛行機でした。2時間ほどでカナダのカルガリーに到着。さすがカナダ!空港の案内、看板はすべて英語とフランス語で表記されていました。小さな空港ですが、すごくお洒落で清潔感を感じました。

IMG_3318_convert_20100629203728.jpg

カルガリーの乗り換え時間はわずか1時間!飛行機を降りてからは猛スピードで走って、税関を通り、再びチェックインをしてゲートへ。出発20分前。間に合ってよかったです。今回はエアカナダ。エアカナダは初めてなので楽しみにしてましたが、すごくよかった!飛行機も新しい機体で、天井は乗客の時差ボケ対策のため、オレンジ、黄、青、緑、白など、時間によって色が変わるようになってます。

IMG_3319_convert_20100629203817.jpg

機内食も悪くなかったし、1人1人ディスプレイはついてて映画はたくさんあるし、経由便で時間は多くかかったにせよ、満足のフライトでした。6月11日、無事日本に到着。成田空港に着いて外に出たんですが、湿気の多さにゲンナリしたのでした。
  1. 2010/06/29(火) 21:32:19|
  2. 一時帰国
  3. | コメント:4

謹賀新年

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

今年の目標はずばり、就職活動の成功、修士論文の完成、そして大学院の卒業であります。

12月に卒業予定なので、大学院留学生活の最後の年。アメリカの生活・文化を楽しみつつ、今までより一層充実した年になるように頑張りたいです。

もうだいぶ前のことになりますが、映画を見てきました。

のだめカンタービレ最終楽章‐前編

ap_F23_20100103043738624_convert_20100105211605.jpg

ずっと楽しみにしてきた映画です。期待通り、笑いあり、涙あり、せつなさありでおもしろかったです。映画館の大音響・大スクリーンで見るとコンサートホールにいるような感覚になりますね。これは映画館でみるべき映画です。後編は4月公開なので日本の映画館で見ることはできませんが、後日DVDで楽しみたいと思ってます。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2010/01/05(火) 21:20:03|
  2. 一時帰国
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。