USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2学期目終了

月曜日に試験が終わって、今日先生にペーパーを提出して、2009年春学期が無事終了しました。ペーパーを提出してからジャパンタウンまで納豆と肉を買いに行って、自分のご褒美として、タピオカ屋さんでミルクティーとクリスピーチキンを買って一人で乾杯しました。今学期も忙しかったと言えば忙しかったのですが、とにかく時間がたつのが非常に早く感じられた4ヶ月間でした。友達もみんな言ってるけど、こうやって時間がたつのがどんどん早く感じられるようになって、どんどん歳をとって、爺さんになって滅びていくのでしょうか。。。

月曜日の夜はまだペーパーが残っていたものの、今学期の締めくくりとして、日本人のTESOLのみんなとお別れパーティー。1次会はタイレストラン、2次会はいい感じのバーで、18人もの人が来てくれました。今学期卒業する日本人はTESOLから2人、Linguisticsから1人。軽くスピーチをしてもらったのですが、皆さん充実した2年間を過ごせたようで何よりです。これから教員採用試験を受ける人、昔いた学校に戻る人、日本語教師を目指す人。。。TESOLを卒業する人は、やっぱりみんな教員の道に進むんですね~。また近いうちに日本でお会いするのが楽しみです。

昨日の夜は、International Houseの卒業パーティーがあり、少し顔を出したのですが、今学期卒業する友達や交換留学を終える友達がスピーチをしているのを聞いて、なんだか寂しくなりました。Denverの学会で行動を共にしたり、授業で仲良くなったりした友達が卒業してしまうのは非常に残念。。。日本人は日本に帰れば会えるし、アメリカ人もSan Franciscoにいれば会える機会もあるでしょう。ただ、中国とか韓国とか台湾からの留学生の友達に会うのはたぶんこれが最後。。。いつかどこかでまた会おうね~と言ってお別れしたんですが、その確率はゼロに近いでしょう。

そしてそして、まもなく渡米してから丸1年になります。去年の今頃は、友達にお別れ会を開いてらってたなぁ~。1年ってホント早いです。あっという間。去年渡米したばっかのときは周りに知ってる人なんて全然いなかったし、アメリカの銀行システムとか携帯電話のこととか買い物の場所とかも全くわからなかったけど、今は友達も結構できたし、アメリカのこともよくわかるようになりました。San Franciscoに友達が遊びに来てくれたときはガイドブックや地図なしで案内できるようにもなりました。この1年間で一番よかったのは、大きな病気をしなかったこと。留学生活はやっぱり体が資本なので、健康に過ごせてホントによかった。日本から常備薬は持ってきたんですが、この1年で使ったのは、玉ねぎ切ってて、よそ見してて包丁の手が滑ったときに使ったバンドエイドと、鼻水が止まらなかったときに使った軽~い風邪薬1回と、知り合いの家で夕飯をご馳走になり、苦しくなるまで食べた結果、胃がもたれたときに飲んだ胃腸薬2回だけ。これからも風邪ひかないように自炊頑張ります。食生活は大事ですからねー。

明後日から3泊ほど、友達とシアトルに旅行に行ってきます!!スタバ大ファンの自分としては、スタバの1号店に行くのが一番楽しみ。今回使う航空会社はVirgin American Airlineというアメリカの新しい格安航空会社。機体が新しい上に、映画やテレビも見れてネットも使えて、機内は青白い光で幻想的な雰囲気に包まれているようです。そちらもすごく楽しみ。次回のブログはシアトルの旅行記になるかな~。行ってきます!!
スポンサーサイト
  1. 2009/05/21(木) 16:07:57|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:4

TESOL Conference

とうとう新型インフルエンザが米国帰りの日本人に感染したことが確認されました。感染した人と飛行機で近くに乗っていた人は隔離されているみたいだけど、日本国内で広まるのも時間の問題かもしれませんね。ちなみにSan Francisco市内では4人の感染者が確認されていますが、アメリカでマスクなんてしてる人は一人もいません。みんな楽観的なのかな。ただ、スーパーに行ったら、マスクや消毒液はほぼ完売状態です。早いとこ、インフルエンザが終息してほしいもんです。もうすぐ今学期が終わりだというのに、安心して旅行にも行けないです。

今日はTESOLのプログラムで最大のイベント、MA TESOL Conferenceが開かれました。先学期のConferenceがこないだ終わったばっかりだと思ってたのに、時間がたつのは早いなー。リサーチの結果を発表するものから、教室ですぐ使えるアクティビティーを紹介するものまで、今回もテーマは様々。タイトルは、Teaching English through Songs、Integrating Reading and Writing in Post-secondary ESL、Reflective Communication: Using Chat to Build L2 Skills、Using Podcasts to Teach Listening and Speaking in the ESL Classroomなどなど。自分も朝の8時から、椅子をセットアップしたり、ビデオを撮ったり、ボランティアに参加しました。

IMG_0477_convert_20090509111934.jpg

今回卒業する日本人の方は2人。2人のプレゼンテーションが同じ時間帯に重なっていたため、両方見ることはできませんでしたが、2年間での成長が感じられる素晴らしいプレゼンでした。前回見た時も感じたことですが、やっぱりアメリカ人でも留学生でも、プレゼンがうまい人はすごくうまい。アメリカ人で英語が母語だからといってプレゼンもうまいのか…というと、そうでもないんだよね。今回見た中で一番よかったのは、台湾人の子がやっていた、Comic Strips to the Rescue!というタイトルのプレゼン。「コマ漫画を英語教育でどう使うか」というものですが、英語も流暢でエネルギッシュで、内容も明確でユーモアもあって、同じ留学生としてすごく刺激を受けました。

プレゼンテーションが終わった後は、おなじみの閉会式。今回はScovel先生が今学期で引退されるとのことで、Scovel先生への記念品の贈呈とスピーチがありました。偉大な先生がプログラムからいなくなってしまうのはすごく残念です。先生の専門はPsycholinguistics(心理言語学)ですが、先生がいなくなってしまうので、この科目もTESOLのプログラムから消えてしまいます。

IMG_0486_convert_20090509111848.jpg

そのあとは、今回もお楽しみのくじ引き抽選会!景品は、教科書セット、ワイン、辞書、人形、ギフトカード、映画券、現金、食事券、ヨガのセット、絵画などなど。当たった人はみんなの前で名前が呼ばれます。自分もくじを3つ買って、当たらないかなーと思ってたら、奇跡的にDaichi-!!!と呼ばれ、写真たてと小さな辞書が当たりました。

IMG_0485_convert_20090509111803.jpg

今学期は5月19日に課題を提出すればすべて終了になります。無事終わることができますように。日本人のお二人、ご卒業おめでとうございます。
  1. 2009/05/09(土) 11:58:33|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:9

桜祭り

暑い。暑い。暑い。この3日間、とにかく暑いです。日曜日は最高気温30度。昨日は33度。今日は30度。雲ひとつない快晴の天気が続いています。部屋の気温は37度まで上がりました。昨日は学校が終わったら太平洋まで行ってみました。平日にもかかわらず、海岸にはたくさんの人。犬の散歩してたり泳いでたり、ビーチバレーしてたり、日焼けしたり。そして今日は近くのスーパーに行くと、いつも売ってるはずのミネラルウォーターがすべて完売。とにかく暑くて仕方ないので、バニラのアイスクリームを買ってきました。

友達にSan Franciscoに留学しているというと、同じカリフォルニア州のLos Angelesの気候と勘違いして、暖かいところでいいねーと必ず言われるんですが、実際のところ、San Franciscoは一年中、最高気温が15~20度くらいで、夏はとくに霧・曇りの日が多いことで知られています。この3日間はホント異常気象です。

そんな暑いなか、先週末、今週末と、ジャパンタウンで恒例の桜祭りが行われました。柔道・剣道のパフォーマンスが行われたり、茶道のデモンストレーションがあったり、アニメのコスプレして歩いてる人までいろいろ。San Franciscoでは有名なイベントみたいで、すごい人でした。

IMG_0351_convert_20090422105713.jpg

模擬店もたくさん出ていて、たこ焼き、焼きそば、今川焼、お寿司、おむすび、トン汁、餃子など、なんでもありです。価格はボッタクリに近かったけど(笑)パレードの最後にはでっかい御輿が出てきて、すごい賑わいようでした。

IMG_0383_convert_20090422105825.jpg

今学期も残すところ早くもあと1ヶ月弱。その間に、ペーパーやら試験やら押し寄せてくるのが恐ろしいです。来週には来学期の科目登録が始まります。最近、TESOLの友達に会うときの話題はもっぱら、来学期何の授業をとるのか?どの先生がいいのか?です。自分のスケジュールの都合や、先生の性格やティーチングスタイル、授業中取り扱うテキストや論文などから、どの先生にするのか決めるわけですが、正直なところ、今まで習ったことない先生だし、授業にでてみないとわからないです。ただ、どの先生もホントに親身で熱心な人ばかりだし、相談に乗ってくれるし、そのへんは今の大学院を選んでよかったなぁと思ってます。

もっと書こうかと思ったけど、面倒になったので今回はこのへんで。
  1. 2009/04/22(水) 11:56:05|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:6

Time Flies.

新社会人になったみなさん、おめでとうございます。

Denverから帰ってきて約1週間。Denverは友達や学会参加者以外、ほとんど白人だったけど、San Franciscoは世界中からいろんな人種が集まっている街であることを再認識する。実際San Franciscoに帰って来てバスや電車に乗ったときは、あまりのアジア人の多さに日本に一時帰国した時と同じような感覚を覚えた。

月曜日から春学期後半も始まり、木曜日はPedagogical Grammarの授業で、デモンストレーションをやった。偶然日本人の友達とペアになり、助動詞canを日本の中学校1年生に教えるためのアクティビティーを考えて、模擬授業をした。パワーポイントのスライドやゲームのカード、ハンドアウトを用意していって、リハーサルもして、本番はあっという間に終了。こういう発表やテストが終わったあとは、すごく気分が良いです!

この学期も残すところあと1か月半弱。先学期に比べて時間が経つのが早く感じる。ペーパーやテストで忙しい忙しいと言っているうちにもうすぐ夏休み。そしてもうすぐ渡米してから1年間。これが初めての留学である自分としては、こっちに来る前、夏休みの語学学校時代にある程度英語も問題なく使えるようになって~、1年間である程度英語ペラペラになって~、大学院終わるまでにネイティブに負けないくらいペラペラペラペラになって帰ってこよう!!とか妄想してた頃があったっけ~。あの時は英語を習得することがどんなに大変か全然わかってなかったから。たまに、留学経験者で、3か月で英語ペラペラになりますよ!!!とか話す人がいるんだけど、あれは何を基準に言っているのだろう。

今月末には8月末からの秋学期の科目登録も始まる。早いなぁ~。夏休みは5月末から8月末までの3ヶ月間。当初は1ヶ月間、授業を履修する予定だったんだけど、大学の予算がないためキャンセルに。そして秋学期からの授業も、昨日メールが来て、2つキャンセルに、さらに選択科目がキャンセルになる可能性もあるらしい。ホントにお金がない大学ですねー。San Franciscoの消費税も値上げになったし、おそらく秋学期から授業料はさらに値上げになるし、いいニュースがないこの頃。

今日はTESOLの友達のバースデーパーティー。楽しみです。
  1. 2009/04/05(日) 03:00:09|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:11

10日間の春休み

レポート、中間テストも無事終了し、今日から10日間の春休みに突入しました。今週は、ワールド・ベースボール・クラシックがあまりにおもしろすぎて勉強に集中できませんでした。同じカリフォルニア州でやってるというのに見に行けないのは残念。最初の日本-韓国戦はテレビ中継がなかったものの、2回のキューバ戦と、1位2位決定戦の韓国戦はずっとテレビに釘づけでした。テレビを見ながらパソコンでレポートを仕上げようかと思ったんだけど、全然ダメ。ワードの画面を立ち上げて、両手はキーボードの上にあるんですが、頭と目は完全に野球。効率が悪いのでレポートは後回しにして野球観戦に専念することにしました。イチローはあまり調子が上がらないみたいだけど、これ以上ないほど豪華な投手陣と黄金打線。3年前の興奮が蘇ってきました。また優勝してほしいな~。

昨日は、春学期前半の締めくくりとして、うちのTESOLのプログラムの先生の1人、Psycholinguistics(心理言語学)専門のScovel先生によるスピーチがあった。Scovel先生はうちの大学院の名物教授の1人ですが、定年のため今学期をもって引退されることになっています。かなりインフォーマルなスピーチで、Scovelファンが30人ほど集まりました。スピーチのタイトルは「My Life Journey by Dr. Scovel」。ご自身が中国に生まれたときの話から、中国からアメリカに渡ったときの幼年時代の話、オハイオで初めて英語を教えたときの話、奥さんとの出会いの話までもりだくさん。人生がいろんな体験に満ちていて、TESOLの学者としても教育者としても素晴らしい先生。心が温まりました。

そしてそして、25日から29日まで、ずっと楽しみにしてたAnnual TESOL Conventionの学会に行きます。学部生だったときも、日本の英語教育の研究会や講演、ワークショップに顔を出したことはあったけど、今回は規模が違う。世界中から有名な学者が集まる、世界で一番大きな英語教育の学会です。朝から晩までプレゼンテーションがぎっしり詰まっていて、同じ時間帯にもたくさんのプレゼンが同時進行で行われるみたい。たくさん刺激を受けて少しは頭良くなって帰ってきたいです。

学会以外にも今回の旅行には楽しみなことがたくさん。まずは、これが人生初めてのアメリカ国内旅行だっていうこと。パスポートなしでアメリカの他の都市に行けるなんて最高!!DenverはSan Franciscoほどメジャーな街ではないにしろ、それでも楽しみです。Denverの街を観光する時間は半日もないんだけど、物価もこっちよりはだいぶ安いだろうし、ダウンタウンで買い物と食事を楽しんでこよう!

さらに楽しみなのは、アメリカの格安航空会社、South Westに初めて乗ること。このところの日本からの旅行はずっとユナイテッド。ユナイテッドはマイルの会員だし、安いし、故障と遅延ばかりのノースウエストよりはマシっていう理由だけで使ってたけど、、正直飽き飽きしてました。9.11事件以降、アメリカの航空会社は業績悪化が止まらず、去年はオイルの高騰に加え、金融危機の影響で苦しい経営を強いられていますが、このSouth Westだけは人員削減も一切なく、着々と収益をあげ、財政的に最も安定した航空会社として評価を得ていると言われています。DenverとSan Franciscoのフライト時間は約2時間30分。日本で言うと、東京と沖縄くらいの距離になると思いますが、航空券は片道たったの60ドル。往復で税金諸々込みでも150ドル以下で収まってしまう。この安さの秘密は、乗務員の制服がポロシャツに変更、座席指定も機内食もなし、短距離のフライトのみ提供、航空機の機種も1種類のみ…にあるみたいですが、どんな乗り心地か今からドキドキです。

次のブログはDenverから更新できればいいなぁと思ってます。春休み前半はひたすら課題を片付けます。。。
  1. 2009/03/22(日) 02:41:06|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:11
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。