USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

授業スタート

火曜日からいよいよ大学院の授業が始まりました。

キャンパスに行って一番驚いたのは、人の数。図書館も、本屋も、食堂も、教室も、芝生の上も、ATMも、人人人。人だらけ。昼食を食べる場所を見つけるのも一苦労です。今までは夏休み中で、語学学校に通う留学生の数が目立ってたけど、さすがに学期がが始ってからは、ネイティブの学生が目立つようになりました。それでも留学生で一番多いのは日本人。約300人ほどの日本人留学生がキャンパス内にいるみたいです。

授業は科目によって、週1コマ2時間45分、週2コマ1時間15分、週3コマ50分と、それぞれ時間が違います。今学期の時間割は、

Syntax(統語論): 火16:10-18:55
Phonology & Morphology(音韻論&意味論): 月水金10:10-11:00
Sociolinguistics(社会言語学): 月水金13:10-14:00
Graduate Writing(大学院生用のライティングのクラス):月水14:10-15:25

若干変更になるかもしれないですが、こんな感じ。

しょっぱなの授業は、Sociolinguisticsだったんですが、先生はすごい早口で話すから理解できないし、成績評価も厳しいし、リーディングもレポートも半端ない。2日後までに57ページ読んで来いと言うから読んで行ったけど、そのリーディングの内容はまったく扱わず、拍子抜けしました(汗)よくよく考えた結果、別の先生に変更することに決定。

火曜日、授業が終わって外に出てみると、学部に留学している日本人の女の子が数人集まってました。なんだか、みんな浮かない様子・・・。初日の授業が相当しんどかったみたい。自分もこの4日間で感じたけど、こっちの学部・大学院で授業を受けるってやっぱり大変。英語を話すだけでも大変なのに、専門科目の内容を英語で理解しなきゃならないんだから。

語学学校のクラスは、自分と同じノンネイティブばかりだったけど、学部や大学院はほとんどがアメリカ人。それだけでもプレッシャーが全然違う。こっちの学生は、本当にアクティブ。先生がAny Questions?って聞いても、日本の学生はほとんど手を挙げないけど、こっちはすごい。的をついた質問から、どうでもいいプライベートな質問まで、とにかくいろんな質問が飛び交います。それに丁寧に答えていく先生もすごいと思う。こういう文化的な違いをみられるのも学部・大学院留学の魅力だね。

授業中、先生の言っていることはなんとなく理解できるんだけど、アメリカ人学生の発言していることはほとんど理解できず。みんな笑ってるんだけど、自分は何を話しているか理解できてないから、なんで笑ってるんだかよくわからない始末。。。まぁ始まったばっかりだし、慣れていくしかないね。勉強してる内容は興味深いことばかりなので、がんばります。

9月1日はLabor Dayなのでお休み。日本から友達が来てくれるので楽しみです!
スポンサーサイト
  1. 2008/08/30(土) 13:07:01|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:7

オリエンテーション期間

秋学期から入学する留学生のためのオリエンテーションが1週間にわたって開かれました。

オリエンテーションの内容は、銀行口座や住居のこと、レポートの書き方、図書館の使い方、キャンパスの安全や、健康の維持の仕方、運転免許の取り方、カルチャーショックの対応の仕方などなど。自分は5月末からSan Franciscoにいるので、ほとんど知ってることばかりでしたが、できる限り参加するようにしました。

新入生歓迎のためのアクティビティーもいろいろ用意されています。

月曜日は、アイスクリームパーティー。豪華な会場で、無料でアイスクリームを堪能することができました。

水曜日は、Welcome Dinner。大学近くにあるキリスト教の教会で、無料でご飯が食べられました。ピラフのようなものから、サラダ、メインのチキン料理、そしてパンプキンパイ、コーヒーなど、無料とは思えないほど豪華なメニューでビックリ。同じテーブルの留学生やネイティブの学生ともいろいろ話せて大満足でした。

金曜日の夜は、TESOLに入る日本人の同期5人で、近くのタイ料理屋さんへ。タイカレーやヌードル、春巻き、ココナッツアイスクリームなど、またまた美味しいものばかり。その後はスーパーでビールを買って、寮のリビングにて2次会。英語教員の話に花が咲きました。

そして土曜日は、AT&Tパークにて、San Francisco Giants VS San Diego Padresの試合を観戦してきました。

BLOG0473.jpg

久々に暖かくなって、これ以上ないほどの晴天!スタジアムは海に囲まれていて、席から見渡せる景色も最高でした。

BLOG0474.jpg

昼食にオニオンポテト&チキンを食べながら観戦。やっぱり野球はテレビで見るのと生で見るのでは全然違うねー!会場の熱狂的な雰囲気に浸っていると、あっという間に9回まで終わってしまい、試合はGiantsが4-3で勝ちました。

そして今日、日曜日はSan Franciscoシティーツアーに参加してきました。バスに乗ってガイドのおばちゃんが説明しながらいろいろ観光地に連れていってくれるんですが、Twin Peaks、ゴールデンゲートパーク、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ、チャイナタウン、シビックセンター、ユニオンスクウェアなどなど、4時間で観光地のほとんどを制覇しました。ほとんど行ったことがあるところばかりでしたが、やっぱり観光バスだと、移動の手間が省けていいですね。これで20ドルはお得でした★

BLOG0471.jpg

明日は学科のオリエンテーションがあり、いよいよ火曜日から授業が始まります。リーディング地獄と言われるアメリカの大学院ですが、海外の大学で勉強した経験がない自分にとっては、まったく未知の世界です。とりあえず、最初の1週間を乗り切れば3連休なので、がんばります!!
  1. 2008/08/25(月) 17:17:27|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:4

卒業式・お別れパーティー

水曜日、10週間近くにおよぶ語学学校の授業が終わり、
授業後、卒業式がありました。
スピーチを聞いて、先生から1人1人卒業証書をもらって、
スライドショーを見て、みんなで別れを惜しみあいました。
クラスメートは、そのまま学部や大学院の進む人がほとんどなので
キャンパス内のどこかで会うことになるとは思うけど
やっぱりずっと一緒に授業うけてたから、別れのときは寂しかったな。。。
卒業式後は、友達の車に乗せてもらって
ジャパンタウンの韓国料理屋さんでパーティー。
ひたすら食べまくってました。
韓国料理ってやっぱり何度食べても美味しい!!

木曜日、仲の良い日本人の友達と、寮でお好み焼きパーティー。
自分はキャベツを入れてただ混ぜてただけで
あんまり役に立たなくてごめんなさい(笑)
ひたすら、お好み焼きとピザを食べまくってました。
久しぶりにお好み焼き食べたけど、美味しいねー!
そのあとは、みんなでダウンタウンまで行って
コールドストーンのアイスを堪能。
Like itサイズがワッフル入りで5ドルちょっと。
イチゴの酸味とバナナと&チョコレートナッツの甘さがたまらないのです。

そして今日、金曜日は朝から効果測定のTOEFLを受けて
昼は友人4と、大学近くでイタリア料理を堪能しました。
パン・サラダ・スープがおかわり自由で、
ピザ・パスタをシェア。美味い!!またまた食べまくってました。
そして15:30からはいよいよ大学院のオリエンテーション。
ここで同じプログラムに入る日本人の同期の友達4人と出会いました。
母校が同じだったり、年が同じだったり、共通の友達がいたりと、
いろんなところでつながりがあるのはおもしろいなぁと思いました。

それにしても、おとといまで語学学校の生徒だったのに
大学院生になる実感がまだ全然湧かないんですが、
とうとう来週から1週間にわたる本格的なオリエンテーションが始まり
再来週から大学院の授業が始まります。
相変わらず英語力の不安はたえませんが、
とりあえず、今から授業を受けるのがとても楽しみです!!
  1. 2008/08/16(土) 13:36:11|
  2. 語学学校
  3. | コメント:4

あと3日で終わり

BLOG0335.jpg

↑今住んでるところの近所の写真です。天気がいいときに撮ってみました。

語学学校の授業も来週の月曜・火曜・水曜を残すのみとなりました。
水曜日は授業後、卒業式が控えてます。

10週間ほど授業を受けたわけだけど、とにかくうちの学校は忙しい。
レポートやらプレゼンテーションやらディスカッションやら課題ばかり。
9時から授業が始まり、16時に終わって、
帰ったら遊んでいる暇などほとんどありませんでした。
夜中の3時くらいまでやって課題が終わらないときはさすがに焦りました。
語学学校ってのは、大学付属のものと、完全に独立した私立のものと
大まかに分けて2種類あるわけだけど、
大学付属の語学学校は基本、お勉強モードで忙しいみたいです。
リサーチの仕方やらレポートの書き方やらノートの取り方、
プレゼンテーションやディスカッションの仕方など
アメリカの学部や大学院に進学するためのスキルを徹底的に教え込まれます。

なので、英会話を上達させるために留学したい人には
絶対、後者の大学付属ではない語学学校をおすすめします。
こちらはお勉強モードではなく、のんびり勉強したい人向け。
イディオムやらスラングやら、会話力を伸ばすための授業が多いみたい。
授業は午前中で終わるコースもあるから、午後はクラスメートと遊びに行けるし。
勉強してるより、遊びに行って話しまくった方が会話力は伸びるだろうし。
ただ、大学付属のところと比べると、
授業のクオリティーは悪いところが多いみたいです。

そういえば、この前、ジャパンタウンまで行って
映画「ダークナイト」を見てきました。
アメリカは映画が安い!大人でも10ドルで見られます。
おもしろい映画なんでしょうね、きっと。
字幕なしの映画を初めて見ましたが
なさけないことに、英語が聞き取れなくて
内容がほとんど理解できませんでした(汗)
日本も今日から上映みたいだし、前評判もすごくいいし、
興味のある人は是非見てみてください。
  1. 2008/08/09(土) 09:54:03|
  2. 語学学校
  3. | コメント:2

語学学校も終盤へ

BLOG0326.jpg

今は夏学期なので人も少ないですが、秋学期の授業が始まると、
この芝生が学生で埋め尽くされるほど混雑してくるようです。

秋学期から大学の図書館が全面改修工事のため閉鎖されるので
すごく不便になりそうです(-_-)
本・コンピュータ室・自習室がキャンパスのいたるところに移されるみたいで
完成はなんと、3年後の2011年…。
日本なら1年ほどで高層ビルが建ってしまうというのに…。
自分、その頃、とっくに卒業してるんですけど(゜-゜)

こっちに来てから2か月が経過しました。
10週間にわたった語学学校の授業も13日でおしまいになります。
大学院に入る前に語学学校に来ておいてすごくよかった。
何が良かったかというと、この前も似たようなこと書いたけど、
まず、自分がどれだけ英語ができないのかがよくわかった。
もちろん日本にいるときも、リスニングやスピーキングが苦手なのは理解してたけど
苦手なのではなく、「できない」ことがよくわかった。
日本にいるときは教育実習にも行き、教員免許も取って、
大学も無事卒業して、バイト先では外人さんに英語が通じて調子乗ってたな(笑)
大学卒業してからすぐ教員にならなくてホントによかった。
こっちに来ても自信を持ってるのは文法力くらい。そのほかは下の下です。
英語力の低さが顕著になるのはディスカッションのとき。
特に中国人は、発音はお世辞にも良いとは言えないけど
結構流暢に話す人が多くて、とにかく会話の主導権を握ろうとするんだけど
自分は英語力もなく、日本語でさえ考えるのが遅いので、黙り込んでしまう。。。
大学院に行ったらどうなることやら。

語学学校に来て良かったことの2つ目は、いろんな人と知り合えたこと。
クラスメートにも、秋学期から学部や大学院にそのまま進学する人が結構いるし、
これからも仲良くしていけたらいいな。
あと、今の語学学校は、僕が大学院で専攻するTESOLと密接につながっていて
先生は全員、TESOLの卒業生か、現役の大学院生なんです。
秋学期から僕がTESOLに行くと話すと、喜んでくれました。

とりあえず、あとの2週間、課題が結構でてるんで頑張ります(^_^;)
  1. 2008/08/02(土) 09:59:15|
  2. 語学学校
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。