USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

他人に優しいUSA

こちらに来てから、日本とアメリカの文化の差を目の当たりにするが、自分が思うにアメリカ文化の良いところは、一言で言って「他人に優しい」ところだと思う。

まず身近な例を出すと、こっちの人はバスや電車でお年寄りに必ず優先席を譲る。日本、特に東京では優先席なんてあってないようなものでしょう。さらに、ここアメリカでは、道で地図を広げて迷ってる人を見れば、「Can I help you?」と言って助けてくれる人が多い。東京で道に迷ってる人がいたって、親切に助けてくれる人なんてほとんどいないでしょう。自分も含めて。その迷ってる人が外国人はおろか、日本人だとしても。

そして、この「他人に優しい」文化を感じられるシーンが先週末にも訪れた。近所のスターバックスでブルーベリースコーン($1.7)とブレンドコーヒー($1.55)を注文し、テーブル席で勉強していたところ、赤いジャンパーを着たアメリカ人のおじさんが店内に興奮した様子で飛び込んできた。

「Everyone!! Go See MILK!!!!!」(みんな!!MILKは絶対見に行け!!)

そう叫んで、おじさんはすぐに店を立ち去った。店内にいた人は皆、それを聞いてニヤニヤ。スターバックスの斜め前に映画館もあるし、MILKって映画か何かかな?と思っていたら、隣のテーブルに座っていたおばさん2人組が笑顔で自分に話しかけてきた。そのおばさんによると、MILKというのは、同性愛者の政治家である「ミルク」の人生を描いた映画らしい。しかも舞台はここ、San Francisco。おばさん2人は最後に、なかなかいい映画だったわよ!あなたもMILKの映画を見てから、このスタバにミルクでも飲みに来たら(笑)!?と笑って店を後にした。自分も顔がほほ笑んだ。

もしこれが日本のスターバックスだったら、店内に入って叫ぶ男なんていたら、間違いなく「はぁ~??何あいつ??超うざい!」ってなる。そして、まったく見ず知らずの隣のテーブルの人が話しかけてくることなんてまずあり得ない。日本だと、友達でも知り合いでもない他人には関与しないというのが基本のスタンスだから。ただ、留学生である自分にとって、こうやって赤の他人が英語で話しかけてくれるのはすごくうれしい。特に週末、ずっと勉強で忙しいときなんかは、1日中言葉を発することなく終わる日もあり、会話の機会を見つけるだけでも苦労するし、なにしろ話すということは気晴らしにもなる。「他人の優しい」文化を垣間見れる瞬間であった。

さらに、それに関連してだけど、アメリカに来てから一番驚いた文化の1つは、「パーティーにとにかくいろんな人が来ること」である。日本であれば、飲み会をやることになれば、自分たちが所属しているグループの人間しかまず来ない。例えば、ゼミの飲み会であれば、ゼミ生と先生。クラスコンパであれば、クラスメート。サークル飲みであれば、サークルのメンバーしか来ない。その友達や恋人、家族が来るなんてもってのほかである!もし来ることにでもなれば、周りから白い目で見られ、「空気読め!誰だよあいつ?」っていうことに必ずなる。

しかし、アメリカのパーティーにはホントに誰でも来る。家族やら恋人やら友達の友達やら、とにかくいろいろ。今回が初めての留学である自分も、最初は思ってました。「なんで自分たちのグループに関係ないこの人がこの場にいるのか?」「なぜ自分に関係ない飲み会に来て気まずいと思わないのか?」って。ただ、ここにいるうちにだんだん変わってきたかなー。こうやっていろんな人と触れることで自分の周りのコミュニティーが広がっていくんだなーって。友達が増えるし、話題も共有できるし、さらには英語を話す機会も増える。アメリカのパーティーにも「他人に優しい」アメリカ文化が象徴されているのかもしれませんね。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/14(土) 18:15:16|
  2. 日常生活
  3. | コメント:12

Happy Week

2月4日(水)。TESOLのプログラムで、新学期を祝う、Potluck Partyが開かれました。Potluck Partyというのは日本語にすると、言わば「持ち寄りパーティー」で、各自が家で料理を作って、それをみんなで持ち込んで食べるパーティーのことです。日本では聞き慣れない言葉ですが、どこでも手軽にできるし、しかも経費も安く抑えられることから、アメリカではそこらじゅうでこのポットラックパーティーが行われています。今学期から入学した新入生も、先学期に入学した学生も、さらにはTESOLの先生も集まり、みんなでワイワイガヤガヤ。自分は何も作っていかなかったんですが、机の上に並んだ料理はほんとに豪華!ピザやサラダ、おにぎり、寿司、カレー、デザート、数えきれないくらいたくさんの多国籍料理!自分は13時から授業だったので途中で抜けたのが残念でしたが、新たに友達もできて、充実した1時間でした。

2月6日(金)。同期のアメリカ人の友達、Marifelのバースデーパーティー。家で納豆ごはんとサラダを食べてからパーティーに向かいました。電車に乗り、Montgomery Stationで降り、そこから歩くこと10分。会場になったのは、North Beachという地区にあるCigar Barというお洒落なバー。中に入ると大混雑。ギネスビールを飲んで、いろいろ話して、21:00になるとダンスタイムが始まりました。

BLOG0919.jpg

テーブルが片付けられ、生演奏が始まり、みんな音楽に合わせてサルサダンス!自分もやってみたけど、やっぱりよくわかんないです、ダンスって。Marifelのお姉ちゃんがGood Job!って言ってくれたけど、自分的にはまったくGoodじゃなかったです。まぁ楽しかったからいっか。

2月7日(土)。語学学校時代の日本人の友達が、3カ月遅れの自分のバースデーパーティーを開いてくれました。近くの韓国料理屋さんに行って、ブルコギ、ビビンバ、チゲスープ、焼き魚など、久しぶりに食べた韓国料理はすごく美味でした。ケーキまで買ってもらって、気を遣っていただいて、ホントにありがとうございました。

そしてそして、今週一番Happyだったのは、先日、プログラムのコーディネーターの先生からお話があり、学会への奨学金がおりるようになったということ。3月26日から28日に、世界で最も大規模の英語教育の学会、「TESOL Convention」がコロラド州・デンバーで開かれます。毎年1回、アメリカのどこかで開かれていて、おととしはシアトル、昨年はニューヨーク、今年はデンバー、来年はボストン。TESOLの院生4人に、奨学金が支給されるとのことで、僕もエッセーを書いて応募したのですが、幸運なことに、4人のうちの1人に自分が選ばれ、学会登録料・航空機代・ホテル代相当の500ドルをいただけることになりました。英語の教員を目指し始めた時からずっと行きたかった学会だし、世界中から有名な学者が集まるし、今からワクワクしてます。
  1. 2009/02/09(月) 03:19:46|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:4

2学期目スタート

1月26日(月)から2009年春学期がスタートしました。San Francsicoに戻ってきてから数日は、曇りと雨の天気が続いてたんですが、授業が始まったとたんに急に天気がよくなり、今週は雲ひとつない快晴が続いています。気温も、夜はさすがに冷えるものの、昼間は15度くらいまで上がって暖かいです。

去年の秋学期、僕らがTESOLに入学した時はアメリカ人が41人、留学生が14人だったんですが、今回、春学期から入ってきた新入生は、アメリカ人が25人、留学生が5人のようです。暦の関係もあるし、日本人はおそらくゼロでしょう。

一時帰国した際に、ほかの国のTESOLの大学院を卒業された先輩や先生にお聞きしたんですが、これほど大規模で、ネイティブの学生が大半を占めるプログラムは珍しいようです。TESOLというと、必然的に留学生の数が多くなるみたいで、留学生が全体の7割から9割を占めるのが普通みたい。そう考えると、同じプログラムの中でアメリカ人・留学生が入り混じって勉強できるのは、とても幸せなことかもしれませんね。

昨日は、San Francisco市内のMissionという、バーで有名な地域にて、新年会を兼ねた、友達の誕生日会が行われました。同期に入学したアメリカ人、留学生、さらにはその友達まで集まり、総勢約20人。アフリカ料理とビールを堪能してきました。帰りは韓国人の友達の車に乗せてもらい、フリーウェイに乗って、窓の外に広がる夜景を楽しんでいたらサンノゼまで行ってしまうというトラブルはあったものの、深夜2時頃無事帰宅。

それから、今学期履修する科目はこんな感じです。

Introductory Seminar to TESOL (英語教授法概論) 月水14:00-15:25
Pedagogical Grammar (文法教授法) 火木12:35-13;50
Psycholinguistics (心理言語学:聴講) 月水金13:10-14:00
Independent Study (修士論文に向けての個人指導) 週1で不定期

先学期は音声学、統語論、第二言語習得論など、「学習者」の視点に立った科目が多く、理論中心でしたが、今学期からは、Teachingに関係した実践的な科目が増えてきました。授業の課題として、実際に大学に付属した語学学校の授業を見学したり、他の留学生のエッセーを添削することになりそうです。

今のところはペーパーの課題がなく、教科書さえ読んでいけばいいのでまだ楽だけど、これから大変になってくるだろうな~。今学期もどうにか乗り切りたいと思います。
  1. 2009/02/01(日) 06:33:28|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。