USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミュージカルWicked

今日は現在世界で大ヒット中のミュージカル、Wickedを見てきました。San Franciscoの他に、Londonや東京・汐留の四季劇場でもやっているようです。

wicked.jpg

ミュージカルを見たのなんて何年ぶりだろう。。。公演劇場はCivic Center駅の目の前にあるOrpheum Theatre。この劇場、初めて入ったけど、すごく豪華な造り。壁も天井もシャンデリアもすごく凝ってる。中に入るとものすごい人の数。みんなドレスアップしてる。年齢層は幅広かったけど、40代以上の人が結構目立ったかなぁ~。夫婦で来てる人が多かったです。

IMG_0961_convert_20090530173221.jpg

偶然にも前から12列目のセンター席がゲットできて、いざ席についてミュージカルスタート。

感想は…。とにかくすごいの一言。大感動。役者も、舞台装置も、照明も、衣装も、どれもよかったんだけど、特によかったのが歌。エルファバ役の女の子の歌唱力は本当に圧巻でした。休憩に入る前の彼女の歌を聞いた時はやばかった。あとは舞台下で生演奏してたオーケストラもすごくよかった。

最後のカーテンコールでは観客総立ち。終わった後もみんな余韻に浸っていました。

自分の英語力では聞き取れない部分が多くありましたが、それでも十分楽しめました。おススメです。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 18:19:44|
  2. 観光
  3. | コメント:8

アルカトラズ島へ

今日は韓国人の友達2人とアルカトラズ島へ行ってきました。ずっと前から行こう行こうと思ってたんだけど、セメスター中は忙しくてそんな余裕もなく、渡米一年後にようやく行くことができました。アルカトラズ島は、San Franciscoのフィッシャーマンズワーフの沖、3kmのところに浮かぶ小さな島で、かつては連邦刑務所として使用され、たくさんの囚人たちが収監されていました。映画、ザ・ロックでも話題になったので、名前だけでも知っている人は多いのではないでしょうか?

ダウンタウンで待ち合わせてケーブルカーに乗り、Pier39でクラムチャウダーを食べてから、Pier33でチケットを買い、13:45の船へ乗船。アルカトラズ島までは15分。天気は快晴だったものの風が異常に強く、ものすごく寒かったです。

IMG_0888_convert_20090528154700.jpg

アルカトラズ島に着くと、5分程度のオリエンテーションを聞き、島を探検し始めました。この島はアメリカの連邦法によって保護されていて、一部地域を除いて、喫煙も飲食も一切禁止との指示がありました。

IMG_0899_convert_20090528154756.jpg

アルカトラズ島ツアー一番の目玉は、刑務所のオーディオガイドツアー。よく美術館で見かける音声ガイドの端末を1人1個渡され、その音声に従って刑務所を回っていくんですが、想像以上に臨場感たっぷり。英語版のほかに日本語版も用意されていて、ガイドの説明のほかに、囚人の人が実際に当時の出来事を語ってくれるので、すごくリアルです。

IMG_0913_convert_20090528154903.jpg

監獄の他にも刑務所内の食堂や図書館、看守所なども見れて大満足。今まで回ったSan Franciscoの観光地とは一味違った体験ができてよかったです。フェリー往復+オーディオツアーすべて含まれて26ドルはすごくお得だと思う。船もアルカトラズ島もすごく寒いので上着をお忘れなく。
  1. 2009/05/28(木) 16:11:57|
  2. 観光
  3. | コメント:2

シアトル旅行記2

5月24日
朝の5:30まで起きて話してたこともあって、10:30起床。この日はワシントン州一番の名門校、ワシントン大学に行く。この大学はTESOLでもかなり有名で、自分もアプライしたかったんですが、州立のくせに授業料がバカ高いのと、GREが必要だったことから出願をあきらめざるを得ませんでした。

まずキャンパス内のBook Storeに立ち寄り、綺麗さと広さに感動。デパート並みの品揃えで、大学グッズがとにかくなんでもある。自分もポストカードを購入。その後昼食を食べに、キャンパス通りに面したタイ料理屋さんへ。タイ料理と言えばPad Thai。それとThai Iced Teaを注文。自分の料理は美味しかったんですが、友達の頼んだやつは辛すぎたりしょっぱすぎたりで、作り方がアバウトでハズレでした。昼食を食べた後は、大学内の図書館を探検。感想は…とにかくすごいの一言。キャンパスに図書館が7つもあり、その中の一番でっかいやつを見たんですが、図書館というよりは立派なお城・大聖堂という感じ。

IMG_0693_convert_20090526165002.jpg

IMG_0701_convert_20090526165336.jpg

図書館が改修中で仮設の図書館を使っている自分の大学とは雲泥の差。。。Study Spaceもたくさんあるし、こんな図書館があったら勉強ももっとはかどるだろうなぁ~。ただ、驚いたのは図書館に限らず、とにかくキャンパスの景観が素晴らしいこと。建物はすべてレンガ造りで統一されてるし、大きな噴水もあって和むし、野球場、サッカー場、体育館、ボーリング場、卓球場、などなど施設がとにかく素晴らしすぎる。友達とも、ここに編入したくなってきたね~(笑)なんて話していました。

IMG_0711_convert_20090526165840.jpg

キャンパス内の湖のほとりで休んだあとバスでダウンタウンまで戻って夕飯。この日もカニ・オイスターなどのシーフードも堪能。レストランは高級な雰囲気で、かなり美味しかったです。

夕飯の後は、Space Needleという針の形をした展望台に向かうことに。シアトル名物のモノレールに乗り継いで、いざ到着。高速エレベーターで頂上まで登り、ロマンチックな夜景を堪能する。

IMG_0762_convert_20090526170652.jpg

その後、お土産を見て、写真を撮って、12時頃帰って3日目が終了。

5月25日
この日も10:30起床。家を提供してくれた台湾人の方の娘さんが迎えに来てくれて車でいろいろ連れて行ってくれることに。インド料理屋さんで昼ごはん。マンゴーカレーやほうれん草のナン、タンドリーチキン、チキンの手羽先など、いろいろ出てくる。すごく美味!!久しぶりに本場のインド料理を食べました。

このあと、チッテンデン水門という海と湖の境目に行ってボートや魚を見たり、アルカイビーチに行ってビーチを散歩したりダウンタウンのビル群をバックに写真を撮ったり。7:30のフライトで無事San Franciscoに戻ってきました。今回の旅行の一番の思い出は、やはりワシントン大学。同じ州立大学なのに、自分のいる大学とここまで違うものか…と思い知らされました。カリフォルニア州の大学には、施設面では期待してはいけないようです。今自分がいるTESOLのプログラムには満足しているんですが、図書館くらいはどうにかしてほしいものですね。
  1. 2009/05/26(火) 17:27:39|
  2. 観光
  3. | コメント:4

シアトル旅行記1

無事3泊4日のシアトル旅行から帰ってきました。天候も最高で、4日間ずっと暖かくて快晴。この思い出を忘れないうちにブログにアップしておきたいと思います。

5月22日
朝4:00起床。フライトは7:00。朝早すぎてバスがないため、Super Shuttleで空港へ。うちの前まで迎えに来てもらって友達3人を拾って空港へ。初めて車で空港に行ったけど、15分程度で空港に着いてしまった。今回のフライトはVirgin American Airplane。フライトが週末だったことに加えて、San Francisco-Seattle間はあまりフライトの本数が多くないため割高だったんですが、アメリカ国内の格安旅行会社として名乗りをあげています。乗った感想は、すごく良い!!映画館みたい。間接照明でお洒落だし、テレビも映画も音楽もいろんな種類があるし、機体が新しい。エンジンの音も静かだし、足もとも余裕があるし、また次回も利用したいです。

IMG_0870_convert_20090526155152.jpg

ちなみにインフルエンザのことが心配でしたが、空港も機内も、マスクをしている人は僕ら以外一人もいませんでした。やっぱりアメリカ人は全然気にしていないようです。

シアトルに到着して、バスでダウンタウンに向かい、一緒に行った台湾人の友達の知り合いの人が泊まる場所を提供してくれるとのことでその人に会い、鍵を受け取って、泊まる場所へ。想像以上に綺麗で広くて、設備も整っていて、みんなで感動。。。その後ダウンタウンに戻り、シアトル名物のシーフードを食べて、ダウンタウンを散策。観光名所のパイク・プレイス・マーケットやスタバ一号店に行ったり、アウトレットやシアトルマリナーズショップで買い物したり、お土産屋を探索したり。

IMG_0591_convert_20090526161334.jpg

夜はダウンタウンにあるピンクドアーというシーフードの店で、オイスターやエビなどのシーフードを堪能。その後、Wallsgreenで次の日の朝食を買い、バスで帰って1日目終了。ちなみに夜のシアトルのダウンタウンは黒人がうじゃうじゃ出没していて、昼のダウンタウンとは雰囲気がガラっと変わり、非常に危険な印象を受けました。

5月23日
10:00起床。泊まる場所を提供してくれた台湾人の方がお昼をごちそうしてくれるとのことで、中華料理屋さんで飲茶を堪能する。円卓に座り、回転テーブルを回して、シューマイやら肉まんやら、そのほかにも見たことのない料理がいろいろ出てくる。美味しい!!

IMG_0623_convert_20090526162738.jpg

2時間ほど談笑したあと、シアトル発祥の地、パイオニアスクエアという場所に行って、いろんな店を散策して、その後アンダーグランドツアーに参加してシアトルの地下世界を探検する。ガイドの人が説明しながら地下の通路を回るんだけど、説明が長すぎて眠くなる。

サンドイッチ屋さんで腹を満たしたあと、この日のメインイベント、サンフランシスコジャイアンツ対シアトルマリナーズの試合を見るためにセーフコフィールドへ行く。San Franciscoに住んでいるものの、お目当てはもちろんイチロー。マリナーズ側のスタンドへ。

IMG_0650_convert_20090526163707.jpg

イチローは2安打だったものの、中継ぎ陣がことごとく倒れ、ジャイアンツの勝ち。帰りに球場内のシアトルマリナーズショップに立ち寄り、マリナーズグッズを買って、2日目が終了。
  1. 2009/05/26(火) 16:41:57|
  2. 観光
  3. | コメント:2

2学期目終了

月曜日に試験が終わって、今日先生にペーパーを提出して、2009年春学期が無事終了しました。ペーパーを提出してからジャパンタウンまで納豆と肉を買いに行って、自分のご褒美として、タピオカ屋さんでミルクティーとクリスピーチキンを買って一人で乾杯しました。今学期も忙しかったと言えば忙しかったのですが、とにかく時間がたつのが非常に早く感じられた4ヶ月間でした。友達もみんな言ってるけど、こうやって時間がたつのがどんどん早く感じられるようになって、どんどん歳をとって、爺さんになって滅びていくのでしょうか。。。

月曜日の夜はまだペーパーが残っていたものの、今学期の締めくくりとして、日本人のTESOLのみんなとお別れパーティー。1次会はタイレストラン、2次会はいい感じのバーで、18人もの人が来てくれました。今学期卒業する日本人はTESOLから2人、Linguisticsから1人。軽くスピーチをしてもらったのですが、皆さん充実した2年間を過ごせたようで何よりです。これから教員採用試験を受ける人、昔いた学校に戻る人、日本語教師を目指す人。。。TESOLを卒業する人は、やっぱりみんな教員の道に進むんですね~。また近いうちに日本でお会いするのが楽しみです。

昨日の夜は、International Houseの卒業パーティーがあり、少し顔を出したのですが、今学期卒業する友達や交換留学を終える友達がスピーチをしているのを聞いて、なんだか寂しくなりました。Denverの学会で行動を共にしたり、授業で仲良くなったりした友達が卒業してしまうのは非常に残念。。。日本人は日本に帰れば会えるし、アメリカ人もSan Franciscoにいれば会える機会もあるでしょう。ただ、中国とか韓国とか台湾からの留学生の友達に会うのはたぶんこれが最後。。。いつかどこかでまた会おうね~と言ってお別れしたんですが、その確率はゼロに近いでしょう。

そしてそして、まもなく渡米してから丸1年になります。去年の今頃は、友達にお別れ会を開いてらってたなぁ~。1年ってホント早いです。あっという間。去年渡米したばっかのときは周りに知ってる人なんて全然いなかったし、アメリカの銀行システムとか携帯電話のこととか買い物の場所とかも全くわからなかったけど、今は友達も結構できたし、アメリカのこともよくわかるようになりました。San Franciscoに友達が遊びに来てくれたときはガイドブックや地図なしで案内できるようにもなりました。この1年間で一番よかったのは、大きな病気をしなかったこと。留学生活はやっぱり体が資本なので、健康に過ごせてホントによかった。日本から常備薬は持ってきたんですが、この1年で使ったのは、玉ねぎ切ってて、よそ見してて包丁の手が滑ったときに使ったバンドエイドと、鼻水が止まらなかったときに使った軽~い風邪薬1回と、知り合いの家で夕飯をご馳走になり、苦しくなるまで食べた結果、胃がもたれたときに飲んだ胃腸薬2回だけ。これからも風邪ひかないように自炊頑張ります。食生活は大事ですからねー。

明後日から3泊ほど、友達とシアトルに旅行に行ってきます!!スタバ大ファンの自分としては、スタバの1号店に行くのが一番楽しみ。今回使う航空会社はVirgin American Airlineというアメリカの新しい格安航空会社。機体が新しい上に、映画やテレビも見れてネットも使えて、機内は青白い光で幻想的な雰囲気に包まれているようです。そちらもすごく楽しみ。次回のブログはシアトルの旅行記になるかな~。行ってきます!!
  1. 2009/05/21(木) 16:07:57|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:4

TESOL Conference

とうとう新型インフルエンザが米国帰りの日本人に感染したことが確認されました。感染した人と飛行機で近くに乗っていた人は隔離されているみたいだけど、日本国内で広まるのも時間の問題かもしれませんね。ちなみにSan Francisco市内では4人の感染者が確認されていますが、アメリカでマスクなんてしてる人は一人もいません。みんな楽観的なのかな。ただ、スーパーに行ったら、マスクや消毒液はほぼ完売状態です。早いとこ、インフルエンザが終息してほしいもんです。もうすぐ今学期が終わりだというのに、安心して旅行にも行けないです。

今日はTESOLのプログラムで最大のイベント、MA TESOL Conferenceが開かれました。先学期のConferenceがこないだ終わったばっかりだと思ってたのに、時間がたつのは早いなー。リサーチの結果を発表するものから、教室ですぐ使えるアクティビティーを紹介するものまで、今回もテーマは様々。タイトルは、Teaching English through Songs、Integrating Reading and Writing in Post-secondary ESL、Reflective Communication: Using Chat to Build L2 Skills、Using Podcasts to Teach Listening and Speaking in the ESL Classroomなどなど。自分も朝の8時から、椅子をセットアップしたり、ビデオを撮ったり、ボランティアに参加しました。

IMG_0477_convert_20090509111934.jpg

今回卒業する日本人の方は2人。2人のプレゼンテーションが同じ時間帯に重なっていたため、両方見ることはできませんでしたが、2年間での成長が感じられる素晴らしいプレゼンでした。前回見た時も感じたことですが、やっぱりアメリカ人でも留学生でも、プレゼンがうまい人はすごくうまい。アメリカ人で英語が母語だからといってプレゼンもうまいのか…というと、そうでもないんだよね。今回見た中で一番よかったのは、台湾人の子がやっていた、Comic Strips to the Rescue!というタイトルのプレゼン。「コマ漫画を英語教育でどう使うか」というものですが、英語も流暢でエネルギッシュで、内容も明確でユーモアもあって、同じ留学生としてすごく刺激を受けました。

プレゼンテーションが終わった後は、おなじみの閉会式。今回はScovel先生が今学期で引退されるとのことで、Scovel先生への記念品の贈呈とスピーチがありました。偉大な先生がプログラムからいなくなってしまうのはすごく残念です。先生の専門はPsycholinguistics(心理言語学)ですが、先生がいなくなってしまうので、この科目もTESOLのプログラムから消えてしまいます。

IMG_0486_convert_20090509111848.jpg

そのあとは、今回もお楽しみのくじ引き抽選会!景品は、教科書セット、ワイン、辞書、人形、ギフトカード、映画券、現金、食事券、ヨガのセット、絵画などなど。当たった人はみんなの前で名前が呼ばれます。自分もくじを3つ買って、当たらないかなーと思ってたら、奇跡的にDaichi-!!!と呼ばれ、写真たてと小さな辞書が当たりました。

IMG_0485_convert_20090509111803.jpg

今学期は5月19日に課題を提出すればすべて終了になります。無事終わることができますように。日本人のお二人、ご卒業おめでとうございます。
  1. 2009/05/09(土) 11:58:33|
  2. 大学院SPRING2009
  3. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。