USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あと1週間

あと1週間で2009年度秋学期が始まります。メーリングリストによると、今学期からTESOLのプログラムに入学してくる新入生は、アメリカ人が36人、留学生が20人いるようです。

カリフォルニア州の大幅な予算削減により、今学期の授業料は先学期に比べて30%の値上げ。アメリカ人は約2800ドルの授業登録料を支払えば授業が取り放題ですが、留学生はそのお金に加えて、1単位372ドル×科目数の追加料を支払わなければならないので、この値上げは非常に大きな負担になります。まぁこれでもアメリカの他の州の州立大学と比べたら安い方なんですが…。

さらに、TESOLの科目は今学期、計5科目がキャンセルになり、大学全体でも去年は3400個あった科目が3000個に減らされてしまったようです。学生に十分な授業を提供できないことから、2010年の春学期は学生の募集を停止し、新入生は秋学期しか入学してこないことになりました。そんなこんなで迎える新学期。すべてが無事行くことを願うのみです。

こないだ、8月14日に全米で公開になった「The Time Traveler's Wife」(邦題:きみがぼくを見つけた日)という映画を見てきました。夏休みが始まったくらいからSan Franciscoの街のいたるところでこの映画の広告を見かけて、公開されたら絶対見に行こうと思ってました。原作の小説はだいぶ前にベストセラーになり、日本語版も出ているので、名前だけでも知ってる人も多いのではないでしょうか。

the_time_travelers_wife_poster_convert_20090817151302.jpg

シカゴの街を舞台に、過去・未来・現在を突然タイムトラベルしてしまう遺伝子を持つ男性ヘンリーと、のちの妻であるクレアの時間を越えた純愛物語。タイムトラベルという言葉だけ聞くと、その言葉自体が死語だし、なんか古臭い感じがするけど、映画はそんなことないです。サイエンスフィクションとしてもラブストーリーとしても楽しめます。今までアメリカで見た中で一番よかった!英語もすごくわかりやすいし。日本での公開はまだ決定してないんですが、ベストセラーになったことだし、間違いなく公開されるでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/19(水) 11:34:16|
  2. 日常生活
  3. | コメント:6

サウサリート・ワインカントリーへ

8月8日から今日まで、大学時代のサークルの同期の友達2人がSan Franciscoに遊びにきてくれました。空港まで迎えに行って、7か月ぶりの感動の再会(笑)相変わらず全然変わってない2人。自分も人のこと言えないけど…。全然久しぶりな感じがしませんでした。

1日目。うちに荷物を置いてから近所の中華料理店で飲茶を堪能して、ゴールデンゲートブリッジへ。周りは晴れてるのに、橋の周辺だけなぜか超霧だらけ。風もビュービュー吹くし、とにかく寒い…。写真を撮ったあとは、トンネル工事のせいでバスが使えないため、タクシーでPalace of Fine Artsへ。湖の裏にたたずむ立派な宮殿では結婚式が行われていました。そこからバスでギラデリスクウェアまで行き、チョコレートを試食して、フィッシャーマンズワーフとPier 39へ。今まで行った中で一番混んでた。とにかく人だらけ。そこからケーブルカーに乗って帰ろうとしたけど、人が多すぎて乗れず、結局バスでダウンタウンまで戻り、夕飯にタイ料理を食べに行きました。

2日目。友達をホテルまで迎えに行き、San Franciscoからフェリーで30分のところに位置するサウサリートへ行くことに。前から行きたいなぁと思ってたんですが、この日のためにずっと行かずにとっておきました。休日のフェリーは1時間30分おきしか出てないんですが、この日は運良く、出発時間に間一髪で間に合いました。写真はフェリーから見るSan Franciscoの高層ビル群とサウサリートのフェリー乗り場前。

IMG_1913_convert_20090813111414.jpg

IMG_1918_convert_20090813111618.jpg

サウサリートは想像以上に素晴らしい街でした!別荘地のようなこじんまりとした街で、海岸にはヨットが並び、海沿いのメインストリートにはお洒落な画廊やレストラン、お土産屋がたくさん並んでいました。観光客もたくさん来ていて、特にヨーロッパから来た人ばかり!昼は行列のできるハンバーガー屋さんでハンバーガーを食べました。

IMG_1939_convert_20090813111855.jpg

IMG_1941_convert_20090813111720.jpg

3時間ほどサウサリートの街を楽しみ、フェリーでSan Franciscoへ戻り、ダウンタウンで買い物して、今度はジャパンタウンとアラモスクウェアへ。アラモスクウェアに行ったのは1年ぶり。ビクトリア調の家が7件ほど並んでいて、絵はがきにもよく使われているスポットです。犬の散歩をしている人が多く目立ちました。

IMG_1950_convert_20090813112958.jpg

その後はダウンタウンまで戻り、夕飯は毎度おなじみのチーズケーキファクトリーへ。30分ほど並び、男3人でピザやサラダ、ステーキを食い漁りました。

3日目。アルカトラズ島行きのフェリーの時間までちょっと時間があったので、ダウンタウンのレストランにてブランチ。オムレツやパンケーキを頼むも、混雑してるためか料理がなかなか出てこない。店に入ったのが10:30。フェリーの出発時刻は11:30なのに、待つこと15分…20分…25分…。ウェイトレスにクレームを入れたらようやく出てきた!!!5分足らずで食い終えて精算して、店を出たのは11時過ぎ。フェリー乗り場のPIER 33までは電車では間に合いそうにないので、タクシーを捕まえることに。運転手さんに「とにかく急いでくれ」と言うと、期待通り、映画見たいにもの凄いスピードで爆走してくれました(笑)途中、道路工事で迂回するトラブルもありましたが、結果的に11時20分すぎに到着。友達2人がアルカトラズ島へ行っている間、自分はお留守番。3時間後に再び合流して、フィッシャーマンズワーフを通り、ロンバードストリートへ行って写真撮影~。夜はうちの近くまでバスで移動して、ベトナム料理を食べました。初めて行ったレストランだったけど、美味しかった。

4日目。この日はSan Franciscoから車で1時間30分ほどのところにあるナパバレーとソノマへ。ワインの生産地で有名な場所で、ブドウ畑が辺り一面に広がっていました。

IMG_1984_convert_20090813112412.jpg

地球の歩き方いわく、この地域にはワイナリーが大小合わせて400個以上あるらしいです。今回は、4か所でワインのテイスティングを楽しみました。値段は無料~5ドルくらい。写真は、シャンパンで有名なDomaine Chandon Wineryと、ワインで有名なMERRYVALE Vineyardのテイスティング。

IMG_1960_convert_20090813112710.jpg

IMG_1974_convert_20090813112510.jpg

テイスティングを楽しんでいい気分になったあとは、San Franciscoに戻り、最後の晩餐。美味しい美味しいシーフードを食べました。

今回は友達の滞在に余裕があったので、San Francisco市内だけではなく、サウサリートとワインカントリーに行けたのがよかったです。

当初は夏休み暇すぎて何しようと思ってたんですが、実際終わってみると、シアトルやニューヨーク、ワシントンDCに行けたし、友達もたくさん来てくれたし、暇どころかすごく充実してました。勉強は全然だったけど(苦笑)とりあえず、これで夏休み中の友達の訪問もおしまい。遠いところ、来てくれてどうもありがとう。
  1. 2009/08/13(木) 13:08:28|
  2. 観光
  3. | コメント:4

夏休みもあと1か月

San Franciscoは相変わらず寒い日が続きますが、いよいよ8月に突入。長い夏休みも残すところあと1か月を切りました。ニューヨークから帰ってから、特別なことをするわけでもなく、ダウンタウンのスタバに行ったり、近くで買い物したり、ルームメートとバーベキューしたり、映画を見たりして、ただただのんびりと過ごしております。

今週は隣町、Daly Cityの映画館へ。平日の朝一番の回は「アーリーバード」と称して、わずか6ドルで映画が見られます。しかもこないだも言ったように、アメリカの映画館はハシゴすることができるので、朝一で入ってしまえばあとは見放題のようなもんです。今回見たのは、UP!(邦題:カールじいさんの空飛ぶ家、日本は12月5日公開)と、The Ugly Truth(邦題:男と女の不都合な真実、日本は9月18日公開)です。

09030101_UP_Poster_01_convert_20090613120639.jpg

the_ugly_truth_convert_20090803165829.jpg

UP!はこないだに引き続き2回目だったんですが、前回見た時にすごく印象に残ったので、また見てきました。笑いもたっぷり、切なさもたっぷり。大人も子どもも、違った視点で楽しめるピクサーの作品です。

The Ugly Truthはアメリカで先日公開されたばかりのラブコメディーで、20代の男よりは20代の女の子にオススメ。劇場のアメリカ人は終始大笑いしてましたが、なんで笑ってるのかわからない場面が多数あり、またもや英語力不足を痛感する2時間でした。しかしこの映画、英語のニュアンスを損なうことなく日本語の字幕にするのは、難しいだろうなぁ~。

そして、昨日と今日、大学の学部時代の後輩の3人が、ミネソタのミネアポリスで1週間サマーセミナーに参加したあと、San Franciscoに遊びにきてくれました。みんな日本の大学院生で、1人はアメリカ文学専攻、あとの2人は英語教育専攻。夏休みなのにアメリカに授業取りにくるだけで、すごく感心。自分がもし日本で院生やってたら、授業なんか取らないで旅行してたかも…。

今回もおきまりの観光地へ。ユニオンスクウェアからケーブルカーでPIER 39、Fisherman's Wharf、ギラデリスクエア、Palace of Fine Arts、Golden Gate Bridgeに行って、うちで休憩して、ダウンタウンのチーズケーキファクトリーへ。盛りだくさんの1日でした。写真は今日行ったPalace of Fine Artsの湖と、チーズケーキファクトリーのチーズケーキのショーケース。甘~いチーズケーキがいっぱい。

IMG_1878_convert_20090803172850.jpg

IMG_1863_convert_20090803172922.jpg

今回一番楽しかったのは、大学院生同士、いろんな話をしたこと。将来のこと、自分たちが今いる大学院のプログラムのこと、勉強のこと、共通の友達のこと、知ってる先生の授業のこと、英語教員の情報などなど。やっぱり身分が同じで専攻も英語系だと、すごく話題が合う。楽しい2日間でした。
  1. 2009/08/03(月) 17:36:03|
  2. 観光
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。