USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誕生日パーティー

昨日は大学院の友達に誕生日パーティーを開いてもらいました。

アメリカでは、自分の誕生日は基本的に自分で開くことになっています。自分の誕生日が近づけば、誕生日パーティーのお誘いをFacebook(アメリカ版のソーシャルネットワークサイト)で送り、場所と時間をあらかじめ知らせておいて、当日レストランでみんなで楽しくお祝いします。パーティーの規模は人にもよりますが、基本的に日本よりデカイ。日本は友達の中でも本当に仲良しの友達しか呼びませんが、アメリカでは結構な人が来ます。友達以外にも、友達の友達、友達のルームメイトなんかも参加することが多く、まったく知らない人がパーティーにいることだってあります。50人以上くることもしばしば。

おととしも去年も誕生日パーティーは開きませんでした。というのも、自分で自分の誕生日を開くというのは非常に面倒くさい。レストランを決めていろんな人に連絡して人数の管理して…っていうこのプロセスが非常に面倒。今年こそは最後の学期だし誕生日パーティーをやろう!と前々から決めていたのですが、修士論文や学会発表のことでいろいろと考えることが多く、他の友達も忙しそうだし、やっぱり開くのはやめようと思ってました。

ところが昨日、友達がひそかに僕の誕生日パーティーを計画してくれて、木曜日の夜という微妙な曜日にもかかわらず、16人の友達が参加してくれました。行きつけのタイ料理レストランでご飯を食べて、その後は近くのバーへ。とても楽しいひと時でした。他の友達も言ってましたが、誕生日パーティーっていうのは非常に恥ずかしい。こんなに大勢の人に自分の誕生日を祝ってもらう経験なんて今までにないし、恥ずかしい。はにかんでしまいます。でもなんだかんだでやっぱり嬉しいものですね。みんな勉強で忙しいだろうに、来てくれておめでとうと言ってくれただけで感謝です。中にはバースデープレゼントをくれた友達もいて、アメリカで迎える最後の誕生日は本当に思い出に残りました。企画してくれたみなさん、来てくれたみなさん、ありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/06(土) 14:30:55|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。