USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修士論文完成

IMG_3563_convert_20101218064201.jpg

ついに念願の修士論文が完成しました。この3日間はなかなか筆が進まず焦りましたが、なんとか締め切りギリギリで完成。終わってみれば本文122ページ+付録35ページの合計157ページ。予想してた以上にだいぶ長くなりました。今学期は、先生とのミーティングが途中何度かキャンセルになったり、なかなか先生からメールが返ってこなかったりでイライラするときもありましたが、最後の最後にはギッシリのフィードバックをくれて、フィードバック→書きなおし+書き足し→フィードバック→書きなおし+書き足しの繰り返しでした。

今思えば、一番大変だったのは11月下旬のサンクスギビングウィークだったかのように思います。あのときのSan Franciscoはこの2年半の留学生活で一番寒く、最低気温も零度近くになり、明け方5時まで寒さに耐えながら論文を書いてたのが懐かしいです。とにかくあの1週間で一気に書いたという感じです。先生もサンクスギビングウィークで学校が休みにもかかわらず、メールで原稿を送ると4時間くらいしてフィードバックを返してくれたし、感謝です。サンクスギビング後、12月8日には口頭試問を控えていましたが、その日の朝にガンで療養中だった大学院の先生が亡くなり、口頭試問は1週間後の15日に延期。最終締め切りは本日、17日の正午だったので焦りましたが、とにかく書き終わってホットしています。当初は今学期に書き終わらないことを考えて日本への帰国も2月中旬にしたくらいですから。

今日、修士論文の原稿を提出したにはしたんですが、今は論文提出のラッシュらしく、製本が出来上がるのはなんと1ヶ月もかかるとのこと。アメリカらしいなぁと思います。まぁとにかく、これにて2年半在籍していた大学院も卒業になります。今学期は大学主催の卒業式はないんですが、無事、英語教授法の大学院修士号を今日ゲットできました。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 07:07:56|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。