USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

留学後の英語力維持

2010年秋学期が始まり、第1週目が終了しました。

授業開始の火曜日、San Franciscoは新学期にふさわしい天気で最高気温は36度を上回り、過去の記録を更新したと天気予報で言ってました。日本と違って湿度が低いので心地よい暑さですが、夜もあまり気温が下回らず、この2年間の留学で初めてTシャツで窓を開けたまま寝ました。でもその次の日からはどんどん気温が下がり、また曇りで寒い夏が戻ってきてしまいました。来週は少し暖かくなるみたいですが、カリフォルニアという地名のイメージ通りもっともっと太陽がガンガン照ってほしいものです。

今回の夏休みは2カ月日本にいたので、こっちに戻ったら違和感があるのかと思ったんですが、まったくそんなこともなく、すっかり馴染んでいます。いつもアメリカに戻った時に悩まされる時差ボケも今回はありませんでした。2カ月日本にいて気付いたことは、まったくと言っていいほど英語を話さなかったこと。本や論文を読んでたので、英語を読むには読んだんですが、話すことと聞くことに関しては、就職活動中に英語科の先生から英語の質問に英語で答えたときのみ。日本でスピーキング力を伸ばすのは非常に困難なことをを再認識できました。

留学も残すところ6か月をきり、帰国後の英語力をどう維持するのか、いろいろ考えることがあります。同じ大学院に留学してた先輩や、他の国で留学して今英語の先生をやっている方からお話を聞く限り、英語力は留学したのを境に劇的に落ちていくのが目に見えてわかるということ。日本語しか話す必要がない日本では当たり前といえば当たり前なのですが、せっかく2年間も留学したので、この英語力はなんとかして維持、または向上させたいところ。読む力と書く力は時間さえあれば(この時間がとれるかは別問題ですが)、本を読んだり何かを書いたりして自力で伸ばせますが、聞く力と話す力はホントに維持が難しい。

中高の英語科の先生は幸いにしてAET(ネイティブの英語の先生)と常に仕事をしてるのである程度は英語を話したり聞いたりする機会がありますが、それ以外にも日常生活で生の英語に触れていたいものです。今考えているのは、スカパーなどのケーブルテレビに加入すること。工事をすれば自宅のテレビでCNNなどのニュースやDiscoveryチャンネルなどのドキュメンタリー、ドラマや映画や音楽など、こっちのプログラムを見ることができるらしい。月に4000円くらいかかることになるけど、やっぱり自国に帰ってからはこの程度の投資はやむを得ないのかなぁと思ってます。英語で飯を食っていく人間として。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 02:14:59|
  2. 大学院FALL2010
  3. | コメント:0
<<Position Paper | ホーム | 大学院最終学期>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。