USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

荷造り2

修士論文は12月17日に提出したわけだが、いまだに製本が出来上がっていない。1カ月で完成すると言われてたので昨日キャンパスのコピーセンターに尋ねに言ったが、いろいろ仕事が立て込んでて、完成は2月末になると言う。「1カ月で完成すると言っただろ?日本に帰国するので早くしろー!」みたいなことを言うと、自分のものを優先的にやってくれるらしく、2月5日までに連絡するとのこと。やはりアメリカでは「期限厳守」「時間厳守」というコンセプトは存在しないのだろうか。そして「自己主張」の大切さ。いかなる場合でも、主張すればなんとかなってしまうことがほとんどなのである。これぞアメリカ文化。これが良いのか悪いのかは意見が分かれるところであるが…。

さて、今日は引っ越し業者が段ボール箱を引き取りに来た。前の日記でも書いたように、クロネコと日通を比較して、日通の方が200ドル安いプランがあったから日通にお願いすることにした。M箱7個とS箱6個のプランは780ドル、M箱4個とS箱4個のプランで580ドル。最初、前者のプランを頼んでおいて、そんなに使わなければ後者のプランでやってくれるというので助かった。箱詰めした結果、最終的にM箱4個とS箱4個で収まった。テキストやハンドアウトなどの重いものはS箱に。服やコート、その他のいろんな小物はM箱に。箱詰めした結果、箱の体積的には結構な余裕があるのだが、重量制限がちょっぴし厄介だった。

去年の夏休みの時に今まで使ったテキストを半分日本に持って帰ったとは言え、まだまだテキストはこっちに残っていたし、紙は重さをとる。さらに大学院の授業で書いたペーパーやレッスンプラン、授業や修士論文のために読んだハンドアウトの中でも余白にみっしりメモを書き込んだものは捨てたくなかったので、それらも詰めるとなると結構な重さになった。テキストやハンドアウトを次々に詰めていくと、制限の30kgというのはあっという間である。まぁそれでもM箱の方はだいぶ余裕があったので、ダウンタウンでウインドウショッピングして、4月から仕事で使うであろうビジネスバッグをバーゲンセールで購入して詰めた。

荷物を一通り箱に詰めたら、それぞれの箱に何が入っているのかをパッキングリストに書いて、さらにそれぞれの品物にいくらの保険金をかけるかを決める。荷物が紛失したり過失があったりすると、最大その保険金額まで補償してくれるらしい。自分のプランだと1000ドルまで保険金をかけられるので、合計1000ドルぴったりになるように計算していく。そして今日は荷物の引き渡し。日本語で書かれた書類も渡さなければならないし、今回こそは日本人が来るだろうと思いきや、またもやメキシコ人だった(笑)どこもこんなもんなのだろうか。前回100ドルのデポジットを支払ったので、今日は残金480ドルのお支払い。「自分は荷物を引き取りに来ただけだから、質問があったらこちらの番号に電話して聞いてくれ」とのこと。ま、これで1ヶ月後に日本の自宅に無事到着することを願おう。

段ボールも引き取りに来てくれたし、残す荷物は捨てるか、友達に譲るか、スーツケースに詰めて持って帰るかのいずれかになった。今日はキャンパスで偶然TESOLの友達に会い、うちに来てくれて使わない調味料やお茶漬けやその他細かいものを持って帰ってくれて助かった!今住んでいる家の大家さんは2月1日から自分の部屋に入居する新しいルームメイトを探しているようで、今日は大家が不在だったため、入居したいというアメリカ人がうちに来ると言うので家を見せてあげた。まもなくアメリカを去るという実感がまったく湧かないけど、今の家を出るまであと3日。アメリカに初めて来たときに偶然見つけたのが今の家で、それから2年半以上住んでいる。去年からTESOLのアメリカ人の友達も入ってきてくれたし、この1年はすごく快適だった。いざ離れるとなると寂しいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 13:32:03|
  2. 帰国準備
  3. | コメント:0
<<引っ越し | ホーム | マイアミ・キーウェスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。