USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラスベガス・グランドキャニオン

家を引き払った後は、アメリカ国内最後の旅としてラスベガス・グランドキャニオンに6日間ほど行ってきた。今回は幸運なことにVirgin American Airlineのマイレージがたまっていたので、飛行機は行きも帰りもマイレージを使って行くことができた。おまけにラスベガスのホテルは、客がカジノでお金を落としてくれるので、客室料金が相当安い。今回は時期がよかったのもあって、4つ星のホテルが1泊1部屋50ドルほどで泊まることができた。ニューヨークのユースホステルが40ドルちょっとだったのを考えると、非常にお買い得。3日目までは1人で行動して、3日目からは友達が合流してくれた。

IMG_4150_convert_20110209021117.jpg

ラスベガスはカジノの街とは聞いていたが、ここまでカジノがメインの街だとは思ってもいなかった。空港に到着するやいなやスロットが置いてあるし、ホテルのフロントデスクは、わずかおまけ程度にあるだけで、そのフロアのほとんどはカジノで埋め尽くされているではないか。おまけにラスベガスのホテルはわざと構造が複雑に作られている。メインストリートのLas Vegas Blvdから入り、フロントもしくは客室へのエレベーターに行くまでには必ずカジノを通らないと行けないことになっている。こうして客にカジノでお金を落とさせるようにできているのである。さらには、カジノの照明はわざと暗~く、異空間にいるかのようになっていて、朝なのか昼なのか夜なのか客に時間を錯覚させるようにできていて、長い時間カジノでお金を落とさせるようになっている。

IMG_4317_convert_20110209022042.jpg

ラスベガスのホテルの客室はとっても豪華。今回2つのホテルに泊まったが、学生の自分にはもったいないくらいのクウォリティだった。San Franciscoで同じクラスのホテルに泊まるとしたら、確実に1泊100ドルは超えるであろう。両方のホテルに共通していたのは、客室に冷蔵庫がないこと。通常アメリカのホテルには中身が空の冷蔵庫、もしくはミニバーと称して客が中にある飲み物を取ると自動的にフロントで課金されることになっている高性能な冷蔵庫が設置されているのだが、ラスベガスでは、客室に冷蔵庫を置いておくと、客がカジノでお金を落としてくれないのでそもそも設置されていない。喉がかわけばカジノに行けということである。

IMG_4310_convert_20110209021943.jpg

ラスベガスは街をぶらぶら歩き、ウインドウショッピングをして、ホテルを探検するだけでも十分楽しい。いくつかのホテルでは無料のショーが行われていたり、今回はChinese Lunar New Yearにぶつかったため、いろんな催しが行われいるホテルが多かった。下の写真は高級ホテル、ベラッジオの噴水ショー。クラシック音楽に合わせて噴水が吹きあがる。同じく高級ホテルのミラージュでは火山ショーが行われていた。

IMG_4264_convert_20110209021744.jpg

3日目には、グランドキャニオンに行ってきた。ラスベガスとグランドキャニオンはセットみたいなもので、ラスベガスに来た旅行客の多くはグランドキャニオンまで足をのばす。ラスベガス滞在2日目に街を歩き回って、ツアー会社にいろいろ交渉してみた。グランドキャニオンへはバス・飛行機・ヘリコプターの3つの手段がある。主にはバスか飛行機。バスは飛行機の半額だが、朝の6:30にホテルに向かいに来て、夜の20:00すぎに解散という14時間の過酷スケジュール。一方飛行機は15:00には解散だが、前述したとおり高い。300ドル近くかかる。日本人の旅行客は、上空からの景色が綺麗な方がいいのと14時間は長すぎるという理由でたいてい飛行機のツアーを選ぶ。自分はお金を節約したかったのでバスにした。朝食・昼食・その他すべて込みで135ドル。元値が190ドルくらいだったのを安くしてくれた。事前にネットで申し込むよりも現地で交渉した方が安くなるとは聞いていたが、それは本当だった。

IMG_4186_convert_20110209021339.jpg

で、実際に行った感想だが、バスツアーで十分。倍額出して飛行機で行くほどのものでもない。14時間とはいっても、途中休憩ポイントでトイレ休憩はとってくれるし、フーバーダムという観光名所も通ったり、現地のグランドキャニオンでも十分な時間をとってくれるので、実際にバスに乗っている時間はそこまで長くない。この日はスノーストームがラスベガス近辺を通った影響でマイナス30度という、過去体験したことがない寒さだったが、天気は最高で、雄大な景色を楽しむことができた。予定通り20時すぎにラスベガスに戻り、この日は終了。グランドキャニオンは行っておいて本当に良かった。ちなみにグランドキャニオンへのツアーはSouth RimとWest Rimの2つの地域があるが、今回行ったのはSouth Rim。こちらの方がメインで、国立公園に指定されている。噂によるとWest Rimではネイティブアメリカンの規制が厳しく、絶景ポイントでも写真撮影が制限されているとか。これから行く人にはやっぱりSouth Rimをおすすめしたい。

IMG_4204_convert_20110209021505.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 02:52:07|
  2. 観光
  3. | コメント:0
<<最終回 | ホーム | 引っ越し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。