USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

UKかUSAか

Thanks Giving Weekも終盤になり、クリスマスモードが加速してきました。今日、金曜日はBlack Fridayと呼ばれ、1年で一番、デパートなどの小売業が黒字(Black)になる日。街のいたるところでバーゲンが行われています。そして、今日はユニオンスクウェアと、フィッシャーマンズワーフ近くのギラデリスクウェアで、クリスマスツリーの点灯式・セレモニーがあるみたい。日本もイルミネーションが綺麗なころかな~。

今は授業も休みで時間もあることだし、将来TESOLで留学を考えている人のために、書き残しておきたいと思います。

大学院留学を考え始めたのは今から約2年前のこと。英語力を伸ばしたい、海外での生活を経験してみたい、修士号があれば働ける学校の幅が広がるということで留学することに決めました。まず悩んだのが、どこの国に行くか。TESOLを勉強できるところで英語圏の国だと、USA、UK、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドがあるけど、自分は当初カナダに行きたいと思ってました。しかし、よく調べてみたところ、カナダはどこも2年以上のフルタイムの教員経験が必要とのことで却下。そして、オーストラリアとニュージーランドも素晴らしいプログラムを備えた大学院がたくさんありましたが、英語が訛ってるのと、オセアニアにはあまり興味がなかったので却下。結局USAとUKに絞って大学院を探していきました。自分が調べた限り、両国の特徴を簡単に挙げると以下のとおり。

UK
・当然イギリス英語
・地域・階級によって英語の発音にかなり差がある
・1年(+α 修士論文作成期間)で修士号がゲットできる
・修士論文がほとんどのプログラムで必修である
・実践よりも理論重視のところが多い
・出願時、TOEFLだけでなくIELTSのスコアも認められる
・出願時に上記のスコアが足りなくても、大学院入学院前に数週間の語学学校のコースをとることで入学が条件付きに許可され、その最後に再びTOEFL/IELTSを受験して、そのときにスコアを上回れば入学が正式に許可される
・ほとんどが国立であるため、どの大学院も学費がほぼ同じである
・アジアだけでなく、ヨーロッパ各国やアメリカからの留学生が結構いる
・受験する際、2年以上の教員経験を求められるところが多いが、塾のバイトでも2年やっていたと言えばだいたい認められる
・鉄道が発達しているため、ヨーロッパを比較的簡単に旅行できる

USA
・当然アメリカ英語
・地域によって英語の発音の差はあるが、UKほどではない
・1年半で修士号がゲットできるところもあるが、たいてい2年、場合によっては2年半かかるところもある
・修士論文がほとんどのプログラムでオプショナルであり、その代わりにポートフォリオという書類を提出するか、口頭試験を受けることによって卒業できる
・理論重視のところと実践重視のところ、様々である
・出願時、TOEFLだけでなく、GREという激ムズな試験を課すところがある
・州立と私立があり、学費が大学によって全然違う
・どの州も予算不足のため、年々授業料は上昇気味である
・留学生はアジア人が多い
・受験する際、教員経験はほとんどのところで必要ない
・旅行する場合、車、バス、飛行機がないと移動できない

こんな感じでしょうか…。間違ってたら訂正してください(^_^;)
大学院を探していたときに役に立った本は以下の2冊。

英語教授法―海外のTESOLプログラム (大学院留学専攻ガイド)英語教授法―海外のTESOLプログラム (大学院留学専攻ガイド)
(2000/03)
不明

商品詳細を見る


Directory of Teacher Education Programs in Tesol in the United States And Canada 2005-2007 (Directory of Teacher Education Programs in Tesol in the United States and Canada)Directory of Teacher Education Programs in Tesol in the United States And Canada 2005-2007 (Directory of Teacher Education Programs in Tesol in the United States and Canada)
(2005/05/30)
不明

商品詳細を見る


1冊目の本はTESOLの出願を考えている人で知らない人はいないくらい有名な本なんですが、情報にかなり間違いがあるのが欠点です。2冊目の本は、洋書ですが、USAとCANADAでTESOLが勉強できる大学院がすべて網羅されていたので、かなり役立ちました。東京・赤坂の日米教育委員会で無料で閲覧できます。

このほかにも、大学の先生に話を聞いたり、留学されている方のブログを通して質問したりして、できるだけ多くの情報を得ることに努めました。その結果、僕がUKとUSAで受験候補にした大学院は以下のところです。言うまでもなく、これらの大学院はごく一部にすぎず、これ以外にも素晴らしい大学院はたくさんあると思います。TOEFLの点数が足りなくて、最初から受験をあきらめたところは除外しています。

University of Reading
University of Birmingham
University of Nottingham
Lancaster University
University of Warwick
Canterbury Christ Church University
University of Essex
University of York

New York University
Michigan State University
Portland State University
University of Illinois, Urbana Champaign
California State University, Northridge
Southern Illinois University, Carbondale
Saint Michael's College
The State University of New York, Buffalo

ざっと思い返せる限り、こんなところでしょうか。ここからさらに絞り、やっぱり、イギリス英語よりもアメリカ英語が好きだったことと、授業料や気候条件、プログラムの内容をよく見比べて、最終的にアメリカの4つの大学院にしぼりました。それから願書を書いたり、推薦状を先生方に書いてもらったり、成績証明書を取り寄せたり、志望動機書を書いたり…準備に追われ、去年10月中に出願、今年の2月末までにはすべての大学院から合格通知が送られ、結局今いる大学院に決めました。TESOLや応用言語学の大学院に関して言うと、University of HawaiiやUCLA、George Town、Columbia Universityなどの大御所の大学院を除いて、合格通知をもらうのはそこまで難しくないように思いました。

ちなみに、これからTESOLで留学しようとしている人がこのブログを見ているのかは謎ですが、今自分がいる大学院をおススメするか?と聞かれたら、正直なところ、おススメするとは言えないでしょう…。プログラムのバランス(理論的な科目と実践的な科目)はとれているし、先生もアメリカ人の学生も、留学生に対してすごく理解があるんですが、それ以上にデメリットが多いと思います。理由をざっと挙げると次のような感じ。

・カリフォルニア州の予算が大幅に削減
UC系列(カリフォルニア大学)は、UCLAとかバークレーとか、世界的にも優秀で有名な研究大学だから、州からもお金が結構つぎこまれるみたいですが、CSU系列(カリフォルニア州立大学)への予算は近年削減され続けています。そのため、これからも授業がカットされる可能性大。来学期のTESOLの科目は2科目削減されることになりました。先生も一時解雇されるんじゃないかとビビってるみたいです。授業料もさらに値上げされるんじゃないでしょうか。

・図書館が閉館
狭くて古くて汚くて臭くて寒くて暗~~~~い図書館が、延期延期を重ね、ついに先日、閉館になりました。4年間かけて改修工事が行われ、学生はその間、キャンパスの端っこに位置する仮設の学習室を使うことになります。大学の顔ともいえる図書館が使えなくなるのは致命的ですよね…。

・有名な先生がどんどんいなくなる
以前はTESOLで世界的に有名な先生方がたくさん揃っている大学院として知られていましたが、定年だか給料が良くないのかわかりませんが、どんどん退職されています。

というわけで、残念ながら、今の時点ではあまりいい条件がそろっていないのが事実です。このブログを見ている人が、充実した留学を手に入れることを願ってます。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 07:51:15|
  2. 大学院出願準備
  3. | コメント:11
<<卒業発表会 | ホーム | Thanks Giving & 一時帰国>>

コメント

アメリカかイギリスは、まあ好みの問題ですよね。
自分はGeorgetownに行きたかったけど、修士論文とかのことやお金のことでイギリスにしました。イギリスの2年以上教職経験というのは結構ごまかせるみたいで、バイトとかでも問題ないようです・・・
あと、ポートフォリオコースが結構いますが、あまり実践的ではないようです。
practicalならアメリカがいいのかと思います。レディングは応用言語学部なので理論メインのような気がしますが(今のところ)、自分にはよかったかと思ってます。目的に合わせて選ぶことが大事ですね。正直だいちさんにはうちのポートフォリオはお勧めしません。イギリスは論文がやっぱりカリキュラムのメインですし、ポートフォリオは学部と一緒だったりしますから。

せっかくの留学の機会、いろいろtryして頑張ってください。
  1. 2008/11/29(土) 15:15:01 |
  2. URL |
  3. タカ #-
  4. [ 編集 ]

Happy Thanks giving!
ヨーロッパの歴史的にthanksする内容でないみたいだから、お休みというわけではないけど、昨日から今週末にかけて、アメリカ出身の人達中心にお祝いが行われているみたいです。

んで、US・UK比較が、とても分かりやすい。
確かにイギリスは理論中心だというのを実感していますっ。しかも一年だから、それをかなりの勢いで詰め込んでいるかんじ・・。
イギリスの大学出願もいくつか考えていたんだね~。
  1. 2008/11/29(土) 18:02:17 |
  2. URL |
  3. yuka.y #-
  4. [ 編集 ]

クリスマスバージョン良いっすね!!
でも俺は昔のUSAmailのが好きやったなぁ~笑
  1. 2008/11/30(日) 08:15:34 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

>タカさん
George Townは私立ですから学費がハンパなく高いですよね。理論中心でしょうし、Ph.Dに行くなら良い選択肢なのかもしれませんね。それと、タカさんの日記見て、応用言語学なのに、来学期、Speaking & Listening、Reading & Writingの科目があるのは意外でした。実践的な科目も結構あるんですね。僕のとこは実践重視のプログラムなんですが、その中でもリーディングやライティング、語彙習得などの理論を留学中、どんどん頭の中に叩き込んでいきたいです。それをどうやって教えるかは、アメリカで習ったことは日本のようなEFLのContextには応用できないと思うし、日本の研究会などでいくらでも勉強できるので。

>yukaさん
イギリスでもThanks Givingパーティーやるんですね。僕はターキーを食べるつもりが、幹事が風邪でキャンセルになり、一人家にこもって、鮭と納豆ごはん食べてました(涙)専攻は違ってもやっぱりイギリスは理論中心なんですね!今学期もあと3週間ほどですね。頑張りましょう!!

>T
クリスマスバージョンの中でも一番シンプルなデザインを選んだよ。わかったわかった(笑)気が向いたら、またいつか飛行機のやつにしようかな。明日、引っ越しがんばって。
  1. 2008/11/30(日) 12:54:35 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

クリスマス仕様だー♪♪

休みの残り1日になっちゃったね。私は残念ながら426のペーパーとテスト準備がまだできていない…(泣)まあその他はやったので満足としようかな。

大知の説明すっごい役に立った☆もうちょっと早く見たかったかも、図書館とか先生のところとか。なんかいろいろ嫌なことが重なってるけどもしかしたら2年後とかさらに悪化してるかもしれないから今でもラッキーなんだよきっと、と考えるようにしてる(笑)

話変わるけど、1年先輩のM.Sさんの授業はすべて英語で行われるらしい!Mさんのような先生にはまさにうってつけのプログラムかもね、ここの学校は。今度授業を見てみたいねー。私にとっては雲の上のような先生だけど。
  1. 2008/11/30(日) 14:11:59 |
  2. URL |
  3. Naoko #giPNnViI
  4. [ 編集 ]

こんにちはー☆

thanks givingパーティの幹事って、いつものアノ人ですよね?ww
バーゲンには行きましたか?

だいちさんが「I love Canadaだよぉ」って言ってたの思い出しましたw

私は紅葉バージョンが好きですw
  1. 2008/11/30(日) 16:11:01 |
  2. URL |
  3. あや #-
  4. [ 編集 ]

おひさしぶりです。あ、何にも報告していなかったけれど、前の前の金曜日に、すべて課題終わりました。ただねー、最後がんばりすぎたのか、気分と体調がすぐれません。白石くんも、無理はよそう。

図書館が閉館は痛いね。本当に痛いね。うちは閉館ではないけれど、新築工事があって、その影響で一部の本が借りられなかった。ほんとに、迷惑だよね。そういうのある??

有名な先生に教わるのはいいけれども、あまりよくない部分もありますよ。たとえば、有名ゆえ、講演やら執筆やらで忙しいらしく、よく出張があったり、授業がいいかげんだったりしました。忙しいのはわかるけれど、ちょっとねー、こっちは金払ってるんだから、そのくらいはちゃんとしてよって感じです。僕だけでなく、みんなから「わかりやすい」「おもしろい授業」と評判だった先生は、全然有名な人ではなかったですね。

ま、人それぞれですね。mixiのコミュにそのうち書きますね。今学期最後に向けて、ラストスパート!!
  1. 2008/12/01(月) 00:41:09 |
  2. URL |
  3. もりひろ #-
  4. [ 編集 ]

>Naoko
やばいよー426のペーパーまだ終わる気配がない。もっと真面目に取り組んでおくべきだったな。中学校ですべて英語で授業するってすごいなー!3年生の受験対策とか、テスト対策とかも、和訳に頼ることなく英語でやってるんだろうか?それで生徒もちゃんと習得してるんだとしたら、すごいね!研究授業DVDに撮ってたりしてないのかね~。今度聞いてみよう!

>あや
そう、あの人(笑)早く元気になってほしいものです。バーゲンは夜中の3:30に起きて行ったよ。5:00に電気屋に着いたけど、すごい行列でした。何も買わなかったから行った意味なかったよ。紅葉バージョンはまた1年後だな(笑)

>もりひろさん
課題終わったんですね。お疲れさまでした!!風邪お大事にしてください。図書館は、学生はもう立ち入り禁止なので、欲しい本があればインターネットでリクエストして、改修工事の合間に係りの人がその本を取りに行って、数日後、準備ができたらその旨のメールがくるみたいで、めっちゃ面倒です。有名な人で授業をおろそかにされると確かに困りますね。ちゃんと金払ってるのに。後期のレビュー、また楽しみにしてます。
  1. 2008/12/01(月) 09:56:19 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

USAとUKでは、大学院の修了履修単位が違うのでしょうか。イギリスでは、1年でも修了できるということは?
それともUKでは、学期に取れる単位数が多いのでしょうか?
そちらの大学院は、36単位から40単位ですか(master degree)?
  1. 2008/12/02(火) 17:08:34 |
  2. URL |
  3. MIK #nE4OeGzc
  4. [ 編集 ]

おお、帰国するんだ

 既に話題が古いけど(笑)、年末帰ってくるんだね。おかえんなさい。

 卒論は12日くらいには終ってると思うから、是非連絡しておくれ。
 あ、卒論は結局50ページくらいになったよ。正直、見直すのが面倒だ・・・。

 つーかもう7ヶ月とかなんだ。時が経つのは早いね。
 私は最近「早く自立しなきゃ」が口癖だよ。取り合えず手始めに、冬休みに短期バイトでもしようかと思っているけど。

 あ、昨日電車で財布をスラれたよ・・・ありえなーいv-40

 
  1. 2008/12/03(水) 14:24:21 |
  2. URL |
  3. kaoru #-
  4. [ 編集 ]

>MIKさん
うちの大学院は1科目3単位で、prerequisiteの12単位+30単位取れば卒業ですね。学部時代に文学の授業をとってない人は、これに加えて6単位分の授業を取る必要があります。イギリスは授業の単位がモジュールといって、アメリカや日本とは単位の数え方が異なりますので、単純に比較することは難しいですね。詳しいことはわかりませんが、勉強する内容や量はそこまで変わりないと思います。

>kaoru
もう卒論提出の時期か…。去年の今頃が懐かしい。あとReviseするだけなら心配いらないね。がんばってね。年始にでも是非みんなで会いましょう。財布…ドンマイ。現金があまり入ってないことを祈ります。
  1. 2008/12/03(水) 15:47:09 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。