USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バークレーへ

今日は友達の車にのせてもらい、バークレーへ出向きました。最近のSan Franciscoはずっと曇りや霧の日が続いたんですが、今日は久々の晴れ。絶好のドライブ日和でした。車でうちまで迎えに来てもらい、出発。フリーウェイに乗り、ベイブリッジを通り、オークランドのダウンタウンをを通り過ぎ、30分ちょいで到着。車で行ったのは初めてだったけど、バークレーの街に入ると、すごく綺麗な街並みが続いていました。そういえばシアトルもこんな感じだったな~。日本でいうと、軽井沢みたいなお洒落な感じ。

バークレーと言えば、カリフォルニア大学バークレー校。キャンパスを軽く散策。キャンパスグッズが並んでいる本屋さんに入り、そのあと図書館へ。シアトルのワシントン大学の図書館には及ばなかったけど、この大学の図書館もすごく立派なものでした。

IMG_1063_convert_20090603144854.jpg

キャンパス内には全部で17個の図書館が散らばっているそうです。今日見たのは一番大きな図書館。欲しい本が違う建物にあるときに探しに行くのが面倒だろうけど、17個ってすごいですね~。

IMG_1073_convert_20090603144925.jpg

このあと、僕が今いる大学院のTESOLのプログラムで修士号を8年前に取得し、現在カリフォルニア大学バークレー校教育学部のPh.Dのプログラムで博士号を取得しようとしているアメリカ人の学生の方と、近くのカフェでお話。彼の専門は、テクノロジーと外国語教育。もう今年でPh.D5年目になるらしいんですが、すごく博識な方でした。学部生のときに日本に交換留学をしていて、日本・韓国で英語を教えたこともあって、経験豊富な方。日本語も韓国語も話せる。しかも一緒に行った韓国人の友達いわく、韓国語の会話レベルはほぼパーフェクトに近いと言う。こういう方と話すと、自分もモチベーションが上がります。

友達と二人して、バークレー校の環境が素晴らしいことを話すと、キャンパスの環境はこちらの方がいいけど、先生の面倒見や学生同士のつながりは、僕らの大学院の方がよかったよと言っていました。ここはあくまでも「研究大学」だから、修士課程でも博士課程でも、人と人とのコミュニティーのようなものはあまりないよ、とのこと。確かに僕らの大学院では、先生のオフィスアワーに行けば質問は大歓迎だし、メールで質問しても比較的すぐ返ってくるし、先生は学生の全員の名前をすぐ覚えてくれるし、友達同士も仲良いし、パーティーも結構あるし、テスト前は協力し合うし、コミュニティーのつながりが強いですね~。キャンパスの環境か、人とのつながりか、どちらを選ぶかはその人次第ですね。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/03(水) 15:37:56|
  2. 観光
  3. | コメント:4
<<アメリカの映画館 | ホーム | ミュージカルWicked>>

コメント

Berkley 懐かしい!
Sather Tower(clock tower)にも上りましたか?

Ph.D5年目って大変ですねー!!!
Native でもこんなに時間がかかるものなんですね。博士課程を修了してPh.Dを取るとことは。
今日本では、post.docのことが問題になっていますが、米国では就職口は行き渡っているんでしょうか。

図書館の数が17とはすごいですね。(UBCも24あります)キャンパスの環境と、人とのつながりは大学の両輪だと思いますね。人のつながりがないと過酷な大学院の勉強を乗り切るのは難しいですよね。
両方揃っていて、しかも学費も安い大学ってないんでしょうかねー?
  1. 2009/06/03(水) 17:35:47 |
  2. URL |
  3. MIK #nE4OeGzc
  4. [ 編集 ]

>MIKさん
Clock Towerは現在改修中のため登れませんでした。文系の場合、Ph.Dで5年かかるのはアメリカではごく普通のことだと思います。就職口のことはよくわかりませんね。ただ、日本よりはマシな気もしますが…。両方そろっていて学費が安い大学院は、アメリカの田舎に行けばあるかもしれませんね。田舎は田舎でいろいろ不便でしょうけど。
  1. 2009/06/04(木) 15:41:54 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

17っすか…

図書館多すぎ www
 17って…総合大学だからなのかな?

 あ、私もホント、大学院カリフォルニアになりそうだよ。まあ、まだこれから調べるけど。
 今客員教授で来られている先生がカリフォルニア出身で、さらにカリフォルニアの大学に勤めている方なんだけど、「推薦状書いてあげるよ」って言ってくれているし。
 なので、帰国したら色々カリフォルニア情報をよろしくね。

 つーかやっぱり5年とかかかるんだね…修士からやると7年とかか…かかるなぁ~。
 
 あ、先日その客員教授の先生に同行して、通訳のバイトしてきたよ。一時間半くらいだったけど、某舞台で活躍されている女優さんのインタビューでね、すっごく面白かった。そしてナイス自給だった^^
  1. 2009/06/06(土) 13:24:36 |
  2. URL |
  3. kaoru #-
  4. [ 編集 ]

>kaoru
図書館多すぎなのも困るけどね…。カリフォルニアのPh.Dは予算削減のため、奨学金がかなりゲットしにくいみたいだよ。上に書いた彼も、海外への学会への渡航費が自腹だと嘆いてました。Ph.Dなら5年は覚悟しないとだめかもね。カリフォルニアに限らずいろいろこれからリサーチして、自分に合ったプログラムが見つかると良いね!
  1. 2009/06/07(日) 19:07:01 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。