USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Teaching Reading/Writing

続いては、この授業。

Teaching Reading/Writing(リーディング・ライティング教授法)

学期:FALL2009

時間:火木9:35-10:50

人数:約20人(Native Speaker8人、Non-native Speaker12人くらい?)

評価:Writing指導についてのResearch Paperが2つ(60%)、Reading指導についてのOral Presentation(30%)、その他(10%)

テキスト:"Course Reader"が2冊、"Teaching ESL Composition" "Techniques in Teaching Writing"の計4冊

授業の進め方:この授業も基本的には毎回リーディングの課題があった。1週間でやはり100ページほど。最初はみんな真面目に読んできてたが、やはり徐々にみんな読まなくなる。先生はみんな読んでるのを前提に授業を展開。先生のレクチャーは整理されててすごくわかりやすくい。毎回必ずディスカッションがある。通常、グループに分かれてディスカッションするのが普通だが、このクラスではクラス全体が1つになってディスカッション。なので、何か言うときは周りのクラスメートの視線が一気に集まる。だいたい毎回発言している人は決まっていて、先生は発言しない生徒をわざと指名して、とにかく何か話させようとする。指名されるときに、話すことがわかっていれば良いんだが、ここはアメリカ。授業は英語。100%授業が理解できるなんて不可能なのである。先生の言ってることがわかってないときに限って指名されるから困ったものである。

感想:テキストは4冊あるんだが、主に使うのがCourse Reader1冊。このReaderには40個ほどの論文が印刷されているんだが、すべての論文がとにかく古い。1970年代から1980年代に出版されたものがほとんど。2000年はおろか、1995年以降に出版されたものなど全くなかった。どうやら、先生がここ10年ほど研究を怠っているのが理由らしい。このクラスを履修する人は、大学の学部生のWritingのクラスでTeaching Assitantをすることが義務付けられている。そのTAのクラスでやったことについてディスカッションする機会も多かった。Research PaperはこのTAのクラスで得たデータをもとにテーマを設定して分析しなければならいため、TAのクラスによっては、ペーパーを書きづらいと感じた人も多かった。自分もその一人。Oral Presentationはグループ4人か5人に分かれて約60分間パワーポイントを使ってプレゼンをする。このプレゼンはあまり準備をしてないこともあり、自分的には最悪の思い出になった。プレゼンの恐ろしさ、難しさを感じた瞬間でした(笑)
スポンサーサイト
  1. 2009/12/19(土) 09:40:32|
  2. 大学院FALL2009
  3. | コメント:2
<<まもなく帰国 | ホーム | Teaching Listening/Speaking>>

コメント

No title

発音に自信がなかったり,スムーズにしゃべれない外国人にとっては指名してもらうと発言するチャンスがあるので、いいことかもしれませんよ。グループで60分間もプレゼンするのは大変そうですねー。
これからも授業のことプロブに書いて下さい。大学院での授業の様子がよくわかりました。
  1. 2009/12/21(月) 06:50:11 |
  2. URL |
  3. MIK #nE4OeGzc
  4. [ 編集 ]

No title

>MIKさん
プレゼンは日本語でも英語でも練習が命ですね。本番を想定して練習すればするほどうまくいくと思います。本来こういう内容のブログをたくさん書こうと思ってたんですが、3学期目が終わった今になってしまいました。また書きますね。
  1. 2009/12/21(月) 13:11:17 |
  2. URL |
  3. だいち #X5XodAgg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。