USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卒業発表会

5月7日、毎学期恒例の卒業発表会が行われました。前にも書きましたが、僕らのプログラムでは、卒業する学期に自分たちが興味のある分野について研究し、それを約30分間プレゼンテーションすることが義務付けられています。今回卒業するのは28人。例年に比べるとかなり大人数だそうです。そのほとんどが2年前、同じ学期に入った友達ということで、ずっと前から楽しみにしていました。

この日はボランティアのお手伝いで、8時に学校に行き、朝の9:30から15:00すぎまで熱の入ったプレゼンがぎっしり。さすがに学期末のプロフェッショナルなプレゼンテーションというだけあって、前日全然眠れなかったり、手がずっと震える友達も数多くいたので、無事プレゼンテーションが終わった時は自分のことかのようにホッとしました。

15;30からは閉会式。1人1人卒業生が出てきて、TESOLのアドバイザーの先生と抱き合って卒業証書をもらいます。普通に卒業証書をもらう人から、何かパフォーマンスをしてもらう人まで様々。韓国人の友達の1人は、韓国からお母さんとお姉さんがわざわざ来て、彼が卒業証書をもらう際にはお母さんから花束の演出。親子で抱き合って、会場の涙を誘いました。

今学期で退職する先生もいて、その先生からスピーチがあったり、プレゼントの贈呈があったり、会場のみんなで歌を歌ったり、本当に良い雰囲気で閉会式が進んで行きました。もう友達と離れ離れになってしまう辛さからか、感極まって泣いてしまう人も多く、もうお別れなんでなぁっていう実感がわいてきた瞬間でした。そして、このプログラムを選んで本当によかったなぁと改めて思いました。

18:30からはリッチモンドに場所をうつして、中国料理レストランにて謝恩会。次から次へとでてくる料理を食べまくり、カラオケの時間。。。南アフリカから来ている友達がダンスや歌で魅了したり、韓国人の例の友達のお母さんは韓国語の歌を披露し、台湾人の友達は洋楽を熱唱。続いては日本人の番でしたが、カラオケに入ってる曲がすべて古く、結局、「上を向いて歩こう」の英語バージョンを日本人のTesolerで熱唱して終わり。会場は盛り下がり、長い長い1日は終わるのでした…。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/20(木) 11:11:09|
  2. 大学院SPRING2010
  3. | コメント:0
<<4学期目終了 | ホーム | CA TESOL>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。