USA日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末のありがたみ

金曜日。一週間で一番好きな曜日です。理由はもちろん、週末が待っているから。金曜日の授業は14時で終わり。おとといは、そのあと30分ほど友達と立ち話をして、図書館へ直行。いつもどおり、3階のお気に入りの場所で勉強。16:45くらいになると、非常ベルみたいなのが鳴り出します。17時で2階以上が閉館になるとう知らせです。うちの大学の図書館は、1階のStudy Spaceは24時間やっているんですが、2階より上のスペースは金曜日は17時で閉館になるんです。そのあと1階に移って1時間ほど勉強して、友達と話して帰宅。夕飯は親子丼。みりんと醤油を煮たてて、鶏肉と玉ねぎを入れて、仕上げに溶き卵を3個投入して出来上がり。卵が半熟で美味しかったです!

そのあと、21時すぎごろ友達と待ち合わせて、同じ専攻のアメリカ人の友達の友達のバースデーパーティーに向かいました。会場は、ダウンタウンのクラブ。22時すぎに会場に入る。赤と青の怪しげな薄暗い光に包まれていて、大人の雰囲気。友達がおススメのお酒を注文してくれたんですが、ものすごく強いお酒で、わずか一杯で酔っ払ってきました(笑)

BLOG0553.jpg

時間が経つごとに人も増え、会場の女の子はダンスを始めました。クラブに行き慣れているせいか、みんなすごく格好いい。洗練されている。僕も適当に腰をフリフリ、手を回してみましたが、なんだかぎこちない。アジア人の男はダンスには向かないと悟りました。0時過ぎ、会場から出てみると、外は強い雨。僕がSan Franciscoに来て、初めて雨が降りました。日本から持ってきた折り畳み傘が初めて活躍。乗る電車を間違えるというトラブルはありましたが、無事帰宅。

土曜日。今日は昼過ぎから学校の図書館へ。土曜日の図書館はガラガラです。いつもの席に座って本を読むも、あまり集中できず。16時過ぎ、友達から電話がかかってきて、ダウンタウンのお祭りに向かうことにしました。電車に乗って、Civic Centerの駅で下車。改札の周りにはコスプレした人がたくさん。地上に出てみると、ものすごい人の数。学部生の友達とも合流して、人ごみをかき分けながら散策。何のコンセプトのお祭りだかわかりませんが、とにかくスケールが大きい!BGMが大音量で流れているし、男も女もみんな露出が激しい。屋台も所狭しと並び、どこからか薬物の匂いが…。さすがアメリカっていう感じのお祭りでした。

19:00、みんなと別れて、ひとりでジャパンタウンへ。納豆や魚、みりんなどの食材を買う。土曜日の夕方とあって、近くの日本食レストランは大繁盛。行列ができていました。バス、電車を乗り継いで21時過ぎに帰宅。今夜の夕飯はホワイトシチュー!腹がへってたので、とにかく美味しかったです。食器を洗ってメールチェックをしてると、学部生の友達3人から電話が。今からだいちさんのうちに行ってもいいですか??と。23:00前くらいに来て、1:00前くらいまで、麦茶とクッキーとポテトチップスで乾杯。いろんな話で盛り上がりました。また来てねー!

というわけで明日は日曜日。勉強します。おやすみなさい。。。
  1. 2008/10/05(日) 14:30:36|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:9

ごぶさた

先週の火曜日から、授業の一環でボランティアを始めました。ダウンタウンのCity College of San Franciscoという大学で、朝の8:00から9:40まで、移民の生徒を相手に、English Writingの授業に参加します。先週は初めてということで、先生の授業をただ観察してただけなんですが、今日は早速、マンツーマンで4人の生徒のエッセイを添削しました。国籍はほとんどが中国人で、タイ人やスペイン人などもちらほら。年齢は18歳くらいの子から、60歳過ぎたおじさんまで様々です。まだ英語を習いたてということもあって、文法の間違いが多いんですが、やっぱり英語を教えるって楽しい!ただ、英文法を英語で教えるってホント難しいなぁ~と実感。日本語でも難しいときがあるのに、ビギナーの生徒に英語でわかりやすく説明するって大変ですね。

朝の8:00から始まるんで6:00に起きるんですが、外はまだ真っ暗。7:15くらいに家を出て電車に乗ります。日本と違ってSan Franciscoの通勤時間帯の電車はガラガラ。座れることはないですが、日本のあのラッシュとは全然違います。9:40に授業が終わってからは、せっかくダウンタウンまで来たので、しばらくブラブラして家に帰ります。平日午前中のダウンタウンはまだ人もそこまで多くなくて、すごく快適。今日はアップルストアに寄って新型ipod nanoを見て、old navyで服を見て、帰ってきました。昼ごはんはこのあいだジャパンタウンで買ってきた讃岐うどん。カツオ節と鶏肉を入れてだしをとって、醤油とみりんと砂糖で味付けしてそばつゆを作って、うどんを煮て、そこにほうれん草と卵を投入。久しぶりに温うどん食べたけど、美味しかったなぁ~。

話は変わりますが、このあいだの土曜日、TESOLの日本人パーティーがありました。もう卒業した人から僕と同じく今年の秋学期に入学した人や、その他いろんな人含めて、総勢19人。通常、TESOLの専攻というと、現役の教員を長年やって、休職・退職して来る年配の方が多いんですが、うちの大学院の場合、年代は自分と同じくらいの人が多かったかな。ダウンタウンのタイレストランで1次会。タイ料理とお酒を堪能して、写真をとって、2次会は近くのバーで乾杯。英語教員の話から授業の話、就職の話まで、いろいろ情報交換できたのがよかったです。

今悩んでるのは、修士論文を書くかどうか。卒業するためには、修士論文を書くか、書かないでポートフォリオというものを提出するか、どちらかを選択することになるんですが、ほとんどの学生は後者のポートフォリオを書くことになります。論文を書く人なんてほとんどいません。僕はできれば書きたいんですが、そうなると卒業が半年のびる・・・。しかも、修士論文のためのリサーチのコースを余分にとらなければならなかったり、リサーチするときに大学まで出向いて一人一人許可をとらなければならなかったりと、いろいろ面倒なのです。さらに、TESOLのリサーチの科目が、カリフォルニア州予算削減のため、今後開講される予定がないという情報が入ってきました(*_*)他の学部のリサーチの科目を取るしかないみたいです。論文書いた先輩が1人いるので、話を聞いてからじっくり決めることにします。

今回もまとまりのない日記になってしまいました(^_^;)アメリカに来て今日でちょうど4か月。英語を自由自在に使える日は果たして来るのでしょうか…。もうすぐ中間試験が控えてるので、とにかくがんばります。
  1. 2008/10/01(水) 14:10:11|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:8

大学院の授業

しばらく更新が滞ってました。どうもこんにちは。

先週あたりから大学院の授業が本格化してきました。

結局今学期は、Syntax、Sociolinguistics、Phonology & Morphology、Graduate Writingに加えて、Second Language Acquisition(第二言語習得論)の授業を聴講することに決めました。この科目は学部時代にとってたんで履修免除できるんですが、TESOLの学問のコアになる科目だし、この先のことを見据えて先生にお願いして聴講という道を選択しました。ただ、次の月曜日までにテキスト100ページ読んでいかないとなりません(^_^;)

学部時代にも、言語学の洋書を扱う科目はありましたが、あのときは1週間後までにせいぜい20ページ読んで来いと言う程度。その5倍の量を読んで来いという言うんだから、さすがアメリカ!!でもまだまだこんなの序の口だよね。この4日間で70ページ読んだのであと30ページ。こんなに多くの本を読める機会は大学院留学が最初で最後だろうし、扱われている内容はすごくおもしろいし、聴講といえども、しっかり読んでいきたいです。

この科目のほかにも読まなければならないテキストはあるし、ペーパーも書かなければならないし、次から次へと課題は増えていくし、やっぱり大学院って大変だなーって思います。そういえば昨日、Sociolinguisticsの授業で、初めてアメリカ人の学生がプレゼンテーションしてるのを見ました。たかが5分程度のものだけど、いろいろ考えさせられるものがありました。みんなすごく堂々としていて、緊張なんかまったくしてないし、ホントの先生みたい。Body Languageも使って、みんなに語りかける口調で終始話してて、すごかった!日本人がプレゼンしたら、日本語でやるときでさえ緊張するし、しどろもどろになる人が多いというのに…。自分がプレゼンするときはどうなることやら。。。

もう1つの懸念事項は、リスニング能力のなさ。。。以前スピーキング力が身に付かなくて困ってると日記で書いたけど、それよりもリスニングがやばいです(^_^;)話すのが早い先生の講義は理解できないし、アメリカ人の学生が話していることも相変わらず理解できないことが多い。そもそも、リスニングができなければスピーキングだってできない。日本にいるときからリスニングは苦手でしたが、こっちに来てもなかなか伸びないねー。留学を考えている人は、日本でリスニングをあげて来てくださいね。

まだセメスターが始まって3週間程度ですが、この間、日本人の学部生に会って、留学生の冬休みの過ごし方について話しました、彼によると、10月から燃油サーチャージが上がるから、日本に帰るなら今月中に航空券を買ったほうがいいよとのこと。そして、San Franciscoにいても、冬休みはやることがないから絶対帰ったほうがいいよとのこと。僕も当初は冬休みに一時帰国するって決めてたんですが、ホント迷ってます。。。確かに正月は日本で過ごしたいし、友達にも会いたいけど、冬休み中にアメリカ東海岸を旅行したり、こっちで英語の勉強をしたいという気も。。。もう少し考えてみることにします。。。

なんだか、まとまりのない日記になってしまいました。。。
今日はパーティーに行ってリラックスすることにします。
  1. 2008/09/14(日) 01:37:00|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:13

授業スタート

火曜日からいよいよ大学院の授業が始まりました。

キャンパスに行って一番驚いたのは、人の数。図書館も、本屋も、食堂も、教室も、芝生の上も、ATMも、人人人。人だらけ。昼食を食べる場所を見つけるのも一苦労です。今までは夏休み中で、語学学校に通う留学生の数が目立ってたけど、さすがに学期がが始ってからは、ネイティブの学生が目立つようになりました。それでも留学生で一番多いのは日本人。約300人ほどの日本人留学生がキャンパス内にいるみたいです。

授業は科目によって、週1コマ2時間45分、週2コマ1時間15分、週3コマ50分と、それぞれ時間が違います。今学期の時間割は、

Syntax(統語論): 火16:10-18:55
Phonology & Morphology(音韻論&意味論): 月水金10:10-11:00
Sociolinguistics(社会言語学): 月水金13:10-14:00
Graduate Writing(大学院生用のライティングのクラス):月水14:10-15:25

若干変更になるかもしれないですが、こんな感じ。

しょっぱなの授業は、Sociolinguisticsだったんですが、先生はすごい早口で話すから理解できないし、成績評価も厳しいし、リーディングもレポートも半端ない。2日後までに57ページ読んで来いと言うから読んで行ったけど、そのリーディングの内容はまったく扱わず、拍子抜けしました(汗)よくよく考えた結果、別の先生に変更することに決定。

火曜日、授業が終わって外に出てみると、学部に留学している日本人の女の子が数人集まってました。なんだか、みんな浮かない様子・・・。初日の授業が相当しんどかったみたい。自分もこの4日間で感じたけど、こっちの学部・大学院で授業を受けるってやっぱり大変。英語を話すだけでも大変なのに、専門科目の内容を英語で理解しなきゃならないんだから。

語学学校のクラスは、自分と同じノンネイティブばかりだったけど、学部や大学院はほとんどがアメリカ人。それだけでもプレッシャーが全然違う。こっちの学生は、本当にアクティブ。先生がAny Questions?って聞いても、日本の学生はほとんど手を挙げないけど、こっちはすごい。的をついた質問から、どうでもいいプライベートな質問まで、とにかくいろんな質問が飛び交います。それに丁寧に答えていく先生もすごいと思う。こういう文化的な違いをみられるのも学部・大学院留学の魅力だね。

授業中、先生の言っていることはなんとなく理解できるんだけど、アメリカ人学生の発言していることはほとんど理解できず。みんな笑ってるんだけど、自分は何を話しているか理解できてないから、なんで笑ってるんだかよくわからない始末。。。まぁ始まったばっかりだし、慣れていくしかないね。勉強してる内容は興味深いことばかりなので、がんばります。

9月1日はLabor Dayなのでお休み。日本から友達が来てくれるので楽しみです!
  1. 2008/08/30(土) 13:07:01|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:7

オリエンテーション期間

秋学期から入学する留学生のためのオリエンテーションが1週間にわたって開かれました。

オリエンテーションの内容は、銀行口座や住居のこと、レポートの書き方、図書館の使い方、キャンパスの安全や、健康の維持の仕方、運転免許の取り方、カルチャーショックの対応の仕方などなど。自分は5月末からSan Franciscoにいるので、ほとんど知ってることばかりでしたが、できる限り参加するようにしました。

新入生歓迎のためのアクティビティーもいろいろ用意されています。

月曜日は、アイスクリームパーティー。豪華な会場で、無料でアイスクリームを堪能することができました。

水曜日は、Welcome Dinner。大学近くにあるキリスト教の教会で、無料でご飯が食べられました。ピラフのようなものから、サラダ、メインのチキン料理、そしてパンプキンパイ、コーヒーなど、無料とは思えないほど豪華なメニューでビックリ。同じテーブルの留学生やネイティブの学生ともいろいろ話せて大満足でした。

金曜日の夜は、TESOLに入る日本人の同期5人で、近くのタイ料理屋さんへ。タイカレーやヌードル、春巻き、ココナッツアイスクリームなど、またまた美味しいものばかり。その後はスーパーでビールを買って、寮のリビングにて2次会。英語教員の話に花が咲きました。

そして土曜日は、AT&Tパークにて、San Francisco Giants VS San Diego Padresの試合を観戦してきました。

BLOG0473.jpg

久々に暖かくなって、これ以上ないほどの晴天!スタジアムは海に囲まれていて、席から見渡せる景色も最高でした。

BLOG0474.jpg

昼食にオニオンポテト&チキンを食べながら観戦。やっぱり野球はテレビで見るのと生で見るのでは全然違うねー!会場の熱狂的な雰囲気に浸っていると、あっという間に9回まで終わってしまい、試合はGiantsが4-3で勝ちました。

そして今日、日曜日はSan Franciscoシティーツアーに参加してきました。バスに乗ってガイドのおばちゃんが説明しながらいろいろ観光地に連れていってくれるんですが、Twin Peaks、ゴールデンゲートパーク、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ、チャイナタウン、シビックセンター、ユニオンスクウェアなどなど、4時間で観光地のほとんどを制覇しました。ほとんど行ったことがあるところばかりでしたが、やっぱり観光バスだと、移動の手間が省けていいですね。これで20ドルはお得でした★

BLOG0471.jpg

明日は学科のオリエンテーションがあり、いよいよ火曜日から授業が始まります。リーディング地獄と言われるアメリカの大学院ですが、海外の大学で勉強した経験がない自分にとっては、まったく未知の世界です。とりあえず、最初の1週間を乗り切れば3連休なので、がんばります!!
  1. 2008/08/25(月) 17:17:27|
  2. 大学院FALL2008
  3. | コメント:4
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。